世界環境デー! 地球の未来のために、小学生が今できることを考えてみた

講談社の動く図鑑MOVEの読者組織「MOVEラボ研究員」が大好きな生き物を守るために立ち上がった!

地球温暖化は、生きものの身体の大きさにも影響をもたらす!?

「地球温暖化とベルクマンの法則の関係について」(はるき・中1)

まずはゴミを減らすところから!

福岡在住のはるきは、ゴミ拾いの目標を掲げ、1300Lのゴミをひろうという取り組みをおこないました。取り組みの途中、たくさんの人たちに働きかけ、将来的に生物を守る活動を精力的に行なっています。

「大好きな生きものと地球を守りたい!」(はるき・小6)

「地球のために僕ができること」(こうたろう・小2)

持続可能な新たなエネルギー作りについても考えてみました

「講談社の動く図鑑MOVE 地球のふしぎ」より

世界では、毎日大量の石油が使われています。その約40%が火力発電で電気を作ったり、家庭や工場の暖房などの熱を作るために使われています。また、それと同じくらいの石油が、自動車や飛行機、船を動かす燃料になっています。どれも生活に欠かせないものです。
研究員のはるかは、“気化熱”に注目した発電方法を考えてみました。

「地球温暖化と発電について〜新たな発電方法〜」(はるか・高1)

生物多様性ってどういうこと?

【絶滅危惧種を保護するのはなぜ?】MOVE生きもの相談室!MOVEラボ研究員が生きもの博士に直撃!

地球の未来、生きものの未来を考えてみよう

「講談社の動く図鑑MOVE 地球のふしぎ」より

地球には今、この瞬間にも、人間による地球環境変化が原因で絶滅しつつある生きものたちがいます。わたしたちの生活が、地球温暖化やごみ問題などの環境変化を引きおこし、人間をふくめた生きもの全体の未来に大きな影響を与えているのです。

「講談社の動く図鑑MOVE 生きもののふしぎ 新訂版」より

今、自分にできることから考えよう!

「生きものや地球を守るために、できることは?」

SDGs関連のMOVEはこちら!

47 件