1月9日 ウルトラQ 巨大猿のゴローが街に出現!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 1月9日(1966年)

テレビマガジン編集部

ゴローが街に出現!

関デスクは、青年と巨大猿の友情物語という内容で記事を書き、好評を博した。すると、イーリヤン島から由利子が帰国。関デスクは由利子に、巨大猿の取材を指示する。由利子はイーリヤン島にも巨大猿がいることを思い出した。

彼女たちが伊豆に到着すると、五郎が地元の住民たちから暴行を受けているところに遭遇。由利子たちはそれを止めさせ事情を聞くと、五郎は村の作物や缶詰を盗み出したらしい。万城目は五郎に理由を聞くが、五郎は口がきけない障害を持っており、万城目の問いに答えられない。すると、村人の通報でパトカーが到着。五郎は連行されてしまった。

その後、万城目たちは取材のためにゴローを捜索。野猿研究所の男性たちとともに行動していた。そのなかで、由利子はイーリヤン島の巨大猿の話題を出す。イーリヤン島の巨大猿は優しい性格で、高いところにある木の実を住民たちに分けてくれたり、座礁して傾いた船を起こしてくれたらしい。すると、今度は野猿研究所の男性が、ゴローが巨大化した原因を説明。ゴローは、旧日本軍が衰弱した兵士の体力を増強させるために開発した特殊栄養剤の青葉くるみを大量に食べたことで巨大化してしまったという。

その後、万城目たちはゴローが街で暴れているという情報を得て下山、街に向かう。ゴローは、いなくなってしまった五郎や餌を求めて街を歩き回り、建物や電線を破壊してしまう。由利子はゴローに発砲する警官を止めると、ゴローをイーリヤン島に連れていくことを提案。関デスクは、睡眠薬入りのミルクを、街の留置場に入れられていた五郎に運ばせる。ミルクを飲んだゴローは無事に眠った。だが、事情を知らない五郎は、ゴローが死んでしまったのではないかと思い、悲しみの声をあげるのだった。

巨大猿 ゴロー

悪意はないが、五郎や餌を求めて街を破壊してしまう ©円谷プロ
【ウルトラ怪獣事典】
巨大猿 ゴロー

身長/50メートル
体重/1万トン

ゴローという猿が、旧日本軍が残した青葉くるみを大量に食べ、ホルモンバランスが崩れたことで巨大化してしまった姿。イーリヤン島は戦争当時、旧日本軍が占領しており、イーリヤン島の巨大猿もゴローと同様に、青葉くるみを食べたことで巨大化したものだと推測される。

登場エピソード:『ウルトラQ』第2話「五郎とゴロー」(1966年1月9日放送)
脚本:金城哲夫/特技監督:有川貞昌/監督:円谷一

今回紹介したエピソードはウルトラサブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」で配信中。ウルトラマンシリーズが見放題になる動画配信サービスです。
TSUBURAYA IMAGINATION
2023年1月31日(火)までスタンダードプラン無料キャンペーン実施中!
https://m-78.jp/news/post-6590

1月9日は街に巨大猿が出現した日

1月9日は、青葉くるみを食べた猿が巨大化。街に出現したエピソードの日。無事にゴローを眠らせることには成功しましたが、五郎には何も説明がされませんでした。五郎とゴローが、イーリヤン島で穏やかに暮らしていくことを願うばかりです。
※この記事は『ULTRAMAN ウルトラマン&怪獣手帳 2023』をもとに構成しています。
©円谷プロ

テレビマガジン ウルトラマンシリーズの最新刊

『テレビマガジンデラックス 決定版 ウルトラ怪獣大集合 パーフェクト超百科 増補改訂』定価:1980円(本体1800円)
ウルトラQからウルトラマントリガーまでの全怪獣・宇宙人、1495体を掲載!
23 件

テレビマガジン編集部

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンX(旧Twitter...