『帰ってきたウルトラマン』 マットアロー1・2号とマットジャイロの立体攻撃!

『講談社MOOK ウルトラメカ大全』よりぬきコラム【第3回】

テレビマガジン編集部

怪獣や宇宙人が出現して以来、その対抗手段として最先端のライドメカが次々と生みだされてきました。

ウルトラヒーローが怪獣と死闘を繰り広げるようになってからも、そうしたライドメカの進化は止まることなく、光の戦士たちの心強い相棒として、平和のための戦いを続けています。

今回は、『帰ってきたウルトラマン』の防衛チーム、地底怪獣グドンや古代怪獣ツインテールなどから日本を守ったMAT(マット)のメカをご紹介しましょう。
ウルトラマンジャックは郷 秀樹と一体化し、MATとともに怪獣や宇宙人と戦う。  ©円谷プロ PHOTO/講談社

“怪獣攻撃隊”MAT

MAT基地の格納庫から発進カタパルトまでのマットアロー1号の移動シーンも見逃せない!  ©円谷プロ PHOTO/講談社
ユニークな姿の機体ながら、ディテールによって説得力満点に仕上がっているマットアロー2号。  ©円谷プロ PHOTO/講談社
その名も「MONSTER ATTACK TEAM」の頭文字をとった、まさに怪獣退治の専門家であるMATの日本支部は、東京湾の海底に建設されています。

国際連合機構の地球防衛組織に属し、侵略者からの防衛も任務としているため、各種メカの発進カタパルトは灯台や岬の崖にカモフラージュされているのです。

その主力戦闘機は、おなじみワンダバの音楽に乗っての出撃も精悍なマットアロー1号です。

強力なジェットエンジンによる優れた加速性能・旋回性能を有するだけでなく、機首にはレーザー砲を装備し、機体下部ハッチ内には火炎放射器やMN爆弾などを追加装備できる、たいへん汎用性の高いライドメカです。

そして第22話のプラスチック怪獣ゴキネズラ戦での2代目隊長・伊吹の初登場シーンでもおなじみのマットアロー2号は円形の翼が特徴的なVTOL機で、高高度でも作戦行動が可能な小型戦闘機です。

さらに第34話の対合成怪獣レオゴン戦などで複数機が活躍したティルトローター式のマットジャイロも、そのホバリング性能を活かした小型メカの輸送や特殊装備での攻撃で印象的な活躍を見せてくれました。

地上戦でもチームワークを発揮!

スタビライザー装着前のマットビハイクル。第32話では迷彩色に塗装されたりもした。  ©円谷プロ PHOTO/講談社
飛行メカによる激闘に加えて、MATで印象的なのがマットジープなどによる地上からの攻撃です。

第6話でマットバズーカで攻撃しつつ古代怪獣ツインテールに向かっていったり、第8話では爆弾怪獣ゴーストロンを誘導するため爆発する戦場を激走するマットジープの勇壮な姿が忘れられません。

ほかにも地上用メカとしては、パトロールや戦闘に多用され、ウルトラマンへの変身者・郷 秀樹の兄貴分である坂田 健が開発したスタビライザーによって高速走行時の安定性が大きく向上し、時にはロケットランチャーも装備したマットビハイクルがあります。

また水中用メカとしてはオイル怪獣タッコングの捜索をしたマットサブが、宇宙用メカとしてはMATステーションとの連絡に使用されたスペースアローが活躍しました。

『ウルトラメカ大全』でスーパーメカの進化と戦歴をチェック!

平和を実現するための科学力と、優しさを忘れない想いが結晶となったのがウルトラメカではないでしょうか。

そんなウルトラメカの実戦投入の歴史と全容、そしてウルトラヒーローとの共闘の歴史を、『ウルトラマン』から『ウルトラマンブレーザー』まで追ったのが『講談社MOOK ウルトラメカ大全』(税込定価:2970円)です。

人類が知恵を振り絞って、怪獣や侵略者と戦い続けてきた歴史をぜひ確認してください。
『講談社MOOK ウルトラメカ大全』(税込定価:2970円)

ウルトラサブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」は『帰ってきたウルトラマン』をはじめ、ウルトラマンシリーズが見放題になる動画配信サービスです。

テレビマガジン編集部

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンX(旧Twitter) @tele_maga  SNS:テレビマガジンLINE@ @tvmg  記事情報と付録の詳細は、YouTubeの『ボンボンアカデミー』で配信中。講談社発行の幼年・児童・少年・少女向け雑誌の中では、『なかよし』『たのしい幼稚園』『週刊少年マガジン』『別冊フレンド』に次いで歴史が長い雑誌です。

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンX(旧Twitter) @tele_maga  SNS:テレビマガジンLINE@ @tvmg  記事情報と付録の詳細は、YouTubeの『ボンボンアカデミー』で配信中。講談社発行の幼年・児童・少年・少女向け雑誌の中では、『なかよし』『たのしい幼稚園』『週刊少年マガジン』『別冊フレンド』に次いで歴史が長い雑誌です。