12月2日 なぜ戦う! 青いウルトラマンVS赤いウルトラマン

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 12月2日(2006年)

テレビマガジン編集部

『ウルトラQ』『ウルトラマン』の放送が開始され、ウルトラ怪獣が登場した1966年以来、半世紀以上にわたって脈々と続くウルトラマンシリーズ。作品ごとに子どもたちは、現実とフィクションとを一体に感じ、日々、ウルトラヒーローや怪獣たちに夢中になっていた。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「12月2日」(2006年)。
 他の「ウルトラ怪獣日和」を見る 

なぜ再び青いウルトラマン、ハンターナイト ツルギが現れたのか!?
©️円谷プロ PHOTO/講談社

2006年4月8日より放送が開始された『ウルトラマンメビウス』は、宇宙警備隊のルーキーであるウルトラマンメビウスが、ヒビノ・ミライとして防衛チーム・CREW GUYS(クルー ガイズ)に入隊。地球を狙う怪獣や宇宙人と戦う。

『ウルトラQ』から『ウルトラマン80』までの昭和に放送されたウルトラマンシリーズと物語が直接的につながっているのも特徴だ。前作『ウルトラマンマックス』で行われた人気怪獣の再登場に加えて歴代ウルトラヒーローも登場。ウルトラヒーローに変身する人物もオリジナルキャストが出演している。

かつて自分が守っていた惑星アーブを滅ぼした高次元捕食体ボガールに復讐するため、地球にやってきたハンターナイト ツルギ。ツルギはメビウスやCREW GUYSと対立するも、最終的には協力してボガールを撃破する。ツルギはボガールを撃破後、命が尽きてしまうがウルトラの母により本来の姿である「ウルトラマンヒカリ」となって一命を取り留めた。

その後、ヒカリはメビウスに変身アイテムのナイトブレスを一時的に託し地球から去る。しかし、『ウルトラマンメビウス』第35話では、なぜか再びハンターナイト ツルギが現れるのだった。


ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

ハンターナイト ツルギが街を破壊!?

2006年12月2日は『ウルトラマンメビウス』第35話「群青の光と影」が放送された日。ウルトラマンヒカリの姿に戻り、地球を去ったはずのハンターナイト ツルギが出現し街を破壊しはじめた。メビウスはヒカリに託され、今は自分のもとにあるナイトブレスをツルギが装着していることに気づき、ツルギが偽物であることを見破る。ツルギはメビウスに一撃を加えると、目的を果たしたかのようにどこかへと姿を消した。

一方、地球にやってきたヒカリは、ババルウ星人を追い詰めていた。先のツルギは、ババルウ星人が化けていたのだ。ババルウ星人は、自らの目的が「人間たちのヒカリへの信頼を失墜させること」だと明かし、ツルギの姿になって巨大化。ヒカリも巨大化し戦うが、少しだけ攻撃を加えたババルウ星人は逃亡。ヒカリは体力を消耗し、一体化している元CREW GUYSの隊長であるセリザワ・カズヤの姿に戻った。

セリザワは隊員たちに連れられCREW GUYSの基地に行くと、街で暴れていた「青いウルトラマン」に変身していたことから、GUYS総本部の要請により拘束、軟禁されてしまう。

ウルトラマンヒカリVSババルウ星人!

ミライは、街で暴れていたハンターナイト ツルギは偽物であると訴えるが聞き入れてもらえない。理不尽に感じたミライはヒカリにナイトブレスを返し、共にババルウ星人を倒して疑いを晴らそうと提案する。しかし、ヒカリは自力で軟禁状態から脱する気はないという。

これまで様々なウルトラマンが地球にやってきて、脅威と戦ってきたが、そのウルトラマンたちはすべて赤い体をしていた。しかも、かつてヒカリが復讐のため、周囲の被害を顧みず戦ったこともあり、人間たちの間には青いウルトラマンに対する不信感が募っている。

ヒカリはもし自分が強硬な手段で脱出すれば人間たちにいっそう不信感を与えるだけでなく、いつか青いウルトラマンが地球を守護するためにやってきた時に「人間の信頼が得られない」ことはあってはならないと考えていた。

すると、街に再びババルウ星人が化けている偽のツルギが出現。それを確認したCREW GUYSは、すぐにセリザワの拘束を解いた。CREW GUYSの上層部も、確証はないものの暴れていたツルギが偽物であることを信じていたのだ。

セリザワはヒカリに変身。ヒカリ対ツルギの戦いが始まる。ヒカリの攻撃で変身が解け、ババルウ星人の姿に戻ったことで完全に疑いは晴れた。そして、ヒカリはかつて復讐のために纏っていた勇者の鎧、アーブギアを再び装着してハンターナイト ツルギとなる。ツルギは、必殺のナイトシュートでババルウ星人を撃破するのだった。

暗黒星人 ババルウ星人

人間大の姿でも登場し、ウルトラマンヒカリと対峙した
©️円谷プロ PHOTO/講談社

【ウルトラ怪獣事典】
暗黒星人 ババルウ星人
身長/2~56メートル
体重/140キロ~2万8000トン

初出は『ウルトラマンレオ』第39話「レオ兄弟 ウルトラ兄弟 勝利の時」。ウルトラマンレオの弟であるアストラに化け、ウルトラの星からウルトラキーを奪いウルトラの星を暴走させて地球にぶつけようとした。

『ウルトラマンメビウス』に登場した個体は、ヒカリと因縁があり、ハンターナイト ツルギの姿に化け地球人に青いウルトラマンへの恐怖と疑惑を植え付けようとした。

登場エピソード:『ウルトラマンメビウス』第35話「群青の光と影」(2006年12月2日放送)
脚本:小林雄次/監督・特技監督:村石宏實

今回紹介したエピソードはウルトラサブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」で配信中。
ウルトラマンシリーズが見放題になる動画配信サービスです。
https://imagination.m-78.jp/

ウルトラな毎日を手帳と共に!?

こんなデータが凝縮されているのが『ULTRAMAN ウルトラマン&怪獣手帳 今日もウルトラ怪獣日和2022』。
いわば「ウルトラマンシリーズ版『今日は何の日?』」というコンセプトの手帳です。
・週間カレンダー:その日に放送された1作品をピックアップしたミニ紹介文。
・月間カレンダー:テレビの放送開始日や映画の公開日。
・作品の詳細なデータをリスト化(巻末)。
・全ウルトラマンシリーズのウルトラヒーローや防衛チーム、あらすじ、関連映像作品を55ページにわたって大紹介。
・怪獣出現地マップも掲載。
・カバーをはずすと、ウルトラマンシリーズ味満載ながらもシックなデザインが楽しめます。
丈夫なビニールカバー付きで、リアルな日常使いにも耐えるスペックです。
書店にて好評発売中! 定価1650円(税込)

12月2日はウルトラマンヒカリが、自身の偽者ハンターナイトツルギと対決した日

12月2日は、ババルウ星人が化けたハンターナイト ツルギが出現し、ウルトラマンヒカリがそれを打ち倒したエピソードの日。ヒカリはいずれ地球にやってくるかもしれない青いウルトラマンのため、人間からの信頼を勝ち取るのでした。

『ULTRAMAN ウルトラマン&怪獣手帳 今日もウルトラ怪獣日和2022』
書店にて好評発売中! 定価1650円(税込)
Ⓒ円谷プロ Ⓒウルトラマントリガー製作委員会・テレビ東京

「ウルトラマンシリーズ版『今日は何の日?』」というコンセプトの手帳。
・週間カレンダーにはその日に放送された1作品をピックアップしたミニ紹介文を掲載。
・月間カレンダーにもテレビの放送開始日や映画の公開日を掲載。
・巻末には週間カレンダーで紹介した作品の詳細なデータをリスト化。気になったエピソードのサブタイトルや主な登場怪獣・宇宙人も確認できる。
・全ウルトラマンシリーズのウルトラヒーローや防衛チーム、あらすじ、関連映像作品を55ページにわたって大紹介。
・怪獣出現地マップも掲載。
・カバーをはずすと、ウルトラマンシリーズ味満載ながらもシックなデザイン。
・丈夫なビニールカバー付き。

©円谷プロ

テレビマガジン編集部

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンTwitter @t...