12月16日 激ヤバ! ウルトラマンベリアル アトロシアス

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 12月16日(2017年)

テレビマガジン編集部

『ウルトラQ』『ウルトラマン』の放送が開始され、ウルトラ怪獣が登場した1966年以来、半世紀以上にわたって脈々と続くウルトラマンシリーズ。作品ごとに子どもたちは、現実とフィクションとを一体に感じ、日々、ウルトラヒーローや怪獣たちに夢中になっていた。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「12月16日」(2017年)。

ウルトラマンジードを締め上げるウルトラマンベリアル アトロシアス
©️円谷プロ PHOTO/講談社

ニュージェネレーション ウルトラマンシリーズ第5作の『ウルトラマンジード』。悪に堕ち幾度となく宇宙を危機に陥れたウルトラマンベリアルの遺伝子を受け継ぐ朝倉リク=ウルトラマンジードは、自身の運命を乗り越えベリアル融合獣に立ち向かう。

前回の戦い(第23話「ストルムの光」)でついに復活を果たしたウルトラマンベリアル。ベリアルは、ストルム星人・伏井出ケイから奪った特殊なエネルギー変換器官・ストルム器官を取り込み、エンペラ星人とダークルギエルの怪獣カプセルでウルトラマンベリアル アトロシアスにデモニックフュージョン・アンリーシュ(変身)を果たすのだった。
「ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

星雲荘、AIB、ウルトラマンゼロの共同作戦!

2017年12月16日は『ウルトラマンジード』第24話「キボウノカケラ」が放送された日。新たな姿となったウルトラマンベリアルは、地球の衛星軌道上でエネルギー体・リトルスターの元になったウルトラマンキングのエネルギーを宇宙全体から吸収していた。

これ以上のパワーアップを阻止するため、異星人を捜査する秘密組織AIBは、ウルトラマンキングのエネルギーを吸着させる物質・カレラン分子の分解酵素ガスをベリアルのカラータイマーに打ち込み弱体化させる作戦を立てる。その方法として、ウルトラマンゼロがベリアルの気を引き、その隙にリクたちの拠点となっている秘密基地「星雲荘」を宇宙船モードに変形させ、分解酵素ガスの入った容器を搭載してベリアルに接近することになった。

さらに、AIBのシャドー星人ゼナは、かつて悪用されてジードと戦ったシャドー星人の生物兵器・時空破壊神 ゼガンを使い、ベリアルを異次元に送り込むことを思いつく。

最終決戦を前に、ゼロと一体化している伊賀栗レイトは娘の誕生日を祝う。妻であるルミナには、自身がウルトラマンであることを悟られていたが、必ず帰ってくることを伝え作戦に挑むのだった。
次のページへゼロVSベリアル! 宿命の対決が再び
22 件