2月26日 ウルトラマン メフィラス星人が地球を渡せと少年に迫る!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 2月26日(1967年)

テレビマガジン編集部

『ウルトラQ』『ウルトラマン』の放送が開始され、ウルトラ怪獣が登場した1966年以来、半世紀以上にわたって脈々と続くウルトラマンシリーズ。作品ごとに子どもたちは、現実とフィクションとを一体に感じ、日々、ウルトラヒーローや怪獣たちに夢中になっていた。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「2月26日」(1967年)。

メフィラス星人と戦うウルトラマン  ©円谷プロ PHOTO/講談社

“初代”ウルトラマンが活躍する『ウルトラマン』は、科学特捜隊のハヤタ・シンが、ウルトラマンと一体化し、怪獣や宇宙からの侵略者から地球を守るために戦う物語だ。前作の『ウルトラQ』で描かれた、怪獣や宇宙人によって引き起こされる超常現象や事件といった要素に加え、ウルトラマンというヒーローを登場させることで前作を上回る大人気番組となった。

謎のテレパシーを受けたフジ隊員の弟、サトル少年。それは、地球を侵略しようとするメフィラス星人が送ったものだった。
「ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

メフィラス星人がサトル少年にメッセージを送る!

1967年2月26日は、『ウルトラマン』第33話「禁じられた言葉」が放送された日。飛行機好きの弟・サトル少年のため、フジ隊員はハヤタとともに航空ショーを見物しに行く。飛行機のアクロバット飛行に興奮するサトルに、「飛行機が空を飛んでも面白くもなんともない」と何者かがテレパシーを送ってきた。

すると、サトルたちは大型タンカーが空を飛んでくるのを目撃。そして飛んでいた超音速旅客機やジェット機編隊が上空に吸い寄せられるようにして消え去り、タンカーは空中で爆発してしまう。ハヤタたちはその場の調査を行うことになったが、車を発進させたとたん、宙に浮いてしまう。

空飛ぶタンカーは、「上に落ちる」ような、特定の空間内で重力が逆方向に働いたことが原因と推測された。科学特捜隊は、吸い上げられたジェット機群らしき反応を宇宙でキャッチし、イデ隊員とアラシ隊員は主力戦闘機・ジェットビートルに補助ロケットを装備した“宇宙ビートル”で調査に向かった。すると、ジェット機の残骸らしき大量の破片を抜けた先に、ハヤタたち3人が乗っていた科特隊専用車が宇宙を漂っていた。しかし、必死の捜索を続けるも3人を発見することはできない。

すると、科学特捜隊にフジ隊員発見の連絡が入る。しかし、現場に急行したムラマツキャップたちが見たのは、ビルほどの大きさになった巨大なフジ隊員だった。ムラマツキャップたちは、巨大なフジ隊員に話しかけるが、言葉は通じない。

一方、サトルは謎の声を聞き、見知らぬ場所で目を覚ます。その声の主はメフィラス星人だった。メフィラス星人は、自分の星から地球を見ているうちに、地球とサトルがどうしても欲しくなったと言う。しかし、自分は暴力が嫌いであるため、力で奪うのではなく、地球人のサトルから了解をもらいたいと言ってきた。

「この私にたった一言、地球をあなたにあげましょうと言ってくれないかね」
次のページへメフィラス星人、何を言う!
31 件