『アリスの国の鏡 ルイス・キャロルの残した謎』

著:山本 容子

0 件
発売日 2011/06/03
価格 定価:2,530円(本体2,300円)
ISBN-13 9784062169912
判型 A5
ページ数 96ページ

キャロルが隠した鏡の謎。
『鏡の国のアリス』の中にはもう1枚の鏡があった? トウィードルダムとトウィードルディーは双子じゃない? 丘が谷でもあるってどういうこと? 前に進むことは、後ろに下がるのと同じ? 数字の「2」が多い理由は?
~物語をとことん読み込む楽しさ!~

キャロルが本当に3.5マスの位置に鏡を隠していたとしたら、キャロルも私も、アリスを元の位置に戻したかったことでは共通しているの。でも私の想いがキャロルと違うのは、ただシンプルに「アリスを無事に家へ帰してあげたい」という、この物語を読んで呼びさまされた私の母性ゆえ。そこがこのアイデアの始まりだったのです。――<本文より>

書店在庫を見る

オンライン書店