『魂を追う者たち』

著:廣嶋 玲子

0 件
発売日 2012/07/24
価格 定価:1,540円(本体1,400円)
ISBN-13 9784062178075
判型 四六
ページ数 258ページ

「あの子を返せ、返せってば!」
七年前の雨季、狩人として名高く、その勇猛さから《牙の民》とも呼ばれるイシーバ族は得体のしれぬ病により全滅の危機を迎えていた。そこで村の呪術師・ムンダワが提案したのが、《虚人》を生む禁術だった。
器として選ばれたのは、主人公ディンカの最愛の妹・セゼナ。ムンダワは《虚人》に死者の魂を憑りつかせ、病をもたらした呪いをとく方法を見つける。しかし危機が去った後も儀式は繰り返され、村はセゼナの犠牲の上に繁栄を遂げたのだった。
ある日、セゼナは儀式のあと意識を失う。目は見開かれ、瞳は真っ青に染まっていた。ついに器が壊れたのだと、笑うムンダワ。
しかし、ムンダワの手下・リークは、セゼナの魂が精霊のようなものによって、運びだされたのを見たという。
いったい何のためにセゼナを?
ディンカは、精霊にまつわる言いつたえを手がかりに、さまざまな生き物がひそむ危険な大草原へ、セゼナの魂を取りもどす旅に出る。

書店在庫を見る

オンライン書店