『ありがとう3組』

著:乙武 洋匡

0 件
発売日 2012/10/02
価格 定価:1,540円(本体1,400円)
ISBN-13 9784062179386
判型 四六
ページ数 290ページ

 手と足がない先生、赤尾慎之介が受けもつ子どもたちは、6年生になった。発達障害をもつ転入生に戸惑ったり、万引きやいじめの問題が起こったり、運動会では組体操に情熱を燃やしたり……。そして、赤尾と28人の子どもたちは、卒業の日を迎える。映画化で話題の前作『だいじょうぶ3組』に続いて、教員として3年間を過ごした著者自身の経験をヒントに、感動の1年間を描いた小説。


映画化決定『だいじょうぶ3組』、待望の続編

 都内の小学校を舞台に、障害を持った新任教師・赤尾慎之介が、5年3組の子どもたちと向き合う1年間を描いた乙武洋匡『だいじょうぶ3組』。
 実際に東京都杉並区の小学校で3年間、教員として過ごした自身の経験を生かしたこの作品は、6万部超のヒットとなり、2013年3月には東宝系ロードショーも決まっています(主演・国分太一、赤尾慎之介役は乙武洋匡本人)。

 『ありがとう3組』は、その『だいじょうぶ3組』の続編です。
 6年生になった赤尾学級。発達障害をもつ転入生に戸惑ったり、万引きやいじめの問題が起こったり、運動会では組体操に情熱を燃やしたり……。そして赤尾と28人の子どもたちは、卒業の日を迎えます。
 前作に続いて、著者の実体験をベースにしたエピソードの数々は、感涙必至です!

プロローグ 第一章 転入生登場 第二章 決死の四段タワー 第三章 百三十円のメッセージ 第四章 ハダカのつきあい 第五章 ひろい世界へ 第六章 裏切り者の涙 第七章 体に合ったTシャツを 第八章 最後の授業 エピローグ

書店在庫を見る

オンライン書店