『夜露姫』

著:みなと 菫

0 件
発売日 2016/09/13
価格 定価:1,430円(本体1,300円)
ISBN-13 9784062201728
判型 四六
ページ数 258ページ

時は平安。父親が濡れ衣を着せられ急死し、一人残されてしまった中納言の姫君は、謎の盗賊にさらわれて……。姫は、姿を男子に替え、夜露と名を改め、夜盗として活躍し始める。美しく鮮やかな京の町を、姿を霧のように消すことができる狭霧丸と夜露が跋扈する。姫と盗賊が繰り広げる、爽快活劇。凛としながら、平安絵巻のような華やかさもある、22歳大型新人デビュー作!


講談社児童文学新人賞佳作受賞作品!
選考委員会で絶賛された、異色平安ファンタジー!!
令丈ヒロ子氏「光る構成力、瑞々しいセンス。平安の姫への愛がつよく滲み出ています」

時は平安。父親が濡れ衣を着せられ急死し、一人残されてしまった、中納言の姫君は、謎の盗賊にさらわれて……。姫は、姿を男子に替え、名を夜露と改め、夜盗として活躍し始める。美しく鮮やかな京の町を、姿を霧のように消すことができる狭霧丸と夜露が跋扈する。姫と盗賊が繰り広げる、爽快活劇。
凛としながら、平安絵巻のような華やかさもある、22歳大型新人デビュー作!

書店員の方々からも応援コメントを多数頂きました!
「古典モノは“苦手”な方(実は私もそうでした)、“目から鱗がおちます、絶対に!!”」(長谷川書店 茅ヶ崎ネスパ店 永島様)

「えー、子どもだけではもったいない! 今少女も元少女も読みたい!! 平安時代に興味をもってもらえたら『源氏物語』や『枕草子』など…世界が広がっていったら…想像するだけでワクワクしますね!」(くまざわ書店 辻堂湘南モール店 大場様)

「現実の全てを知っていても、まっすぐに生きる狭霧丸と夜露姫。おたがいの強さや優しさに惹かれあう場面が美しく、特別な存在だということが、心地よく伝わります。」(ジュンク堂藤沢店 鈴木様)

「人物の生き生きとした描写がとても印象的でした。性根の悪い貴族をこらしめるストーリーは実に気持ちよく、普段あまり本を読まない人や時代小説になじみのない人でも十分楽しめる作品だと思います。」(ザ・リブレット ヒルズウォーク徳重ガーデンズ店 大塚様)

「平安時代の浮浪の民から、星空や都、生活の様子まで描かれていて、夜露姫の世界観がとてもステキだと感じました。爽快で一気に読んでしまいました。おもしろかったです。」(くまざわ書店 鳴海店 戸倉様)

一   中納言の姫君 二   夜盗 三   盗難 四   失脚 五   検非違使 六   狭霧丸 七   決意 八   夜盗修行 九   夜露姫 十   地下人 十一  月光 十二  左大臣 十三  正倉院 十四  異形 十五  襲撃 十六  復讐 十七  帝 十八  名笛 十九  紅梅 二十  再会 二十一 星月夜 あとがき

書店在庫を見る

オンライン書店