『ギリシア神話』

著:アポロドーロス ほか 編・訳:高津 春繁 編・訳・解説:高津 久美子

0 件
発売日 2010/10/19
価格 定価:1,540円(本体1,400円)
ISBN-13 9784062835510
判型 四六
ページ数 274ページ

西欧文明の源をなす豊かで壮大な物語世界
「わしの目をごまかしたふとどきものめ。よし、いまに見ておれ。」神さまは怒り方だってけたはずれ!?
冒険、正義、愛情、涙と笑い――世界の名作にドキドキ、ワクワク

「ギリシア神話」は「聖書」とならんで、西欧文化を理解するには欠くことができないといわれています。現在あるような形にまとめられたのは、紀元1~2世紀ごろ、ローマ帝国の初期のころで、以後、人間への深い理解にもとづいた雄壮な叙事詩の世界は、西欧文化とりわけ文学と美術の分野で、大きな影響を与えつづけてきました。この本は、「ギリシア神話」のなかから、アポロンやプロメテウスの話、テセウス・ペルセウス・ヘラクレスなど英雄たちの話ほか、代表的な物語を収めた入門書です。

世界中で少年少女に愛されている文学作品は、21世紀の日本の子どもたちに、国際人として欠かせない教養をもたらします。楽しく読みながら世界各国の歴史や文化も学べる、興奮と感動の「世界文学全集」の決定版です。

<目次より>
●ギリシアの神々
オリュンポスの神々/アポロン/デメテルの話/プロメテウスの火とパンドラのつぼ
●英雄物語
アルゴー号のお話/テセウス物語/ゴルゴン退治のペルセウス/ヘラクレス/テーバイ物語
●諸国の物語
へびの恩がえし/太陽の神の戦車を駆る少年パエトン/くもになった少女/すいせんになった少年/さわったものが金になるお話 (以下略)

書店在庫を見る

オンライン書店

既刊一覧

関連シリーズ