『5文字で百人一首』

著・イラスト:すとう けんたろう

0 件
発売日 2021/05/27
価格 定価:1,430円(本体1,300円)
ISBN-13 9784065232101
判型 四六
ページ数 226ページ

〇内容紹介
百人一首は、学校で大会があったりマンガの題材になったり、目にする機会も多いけど、
100個もあるし、昔の言葉でどういう意味なのかわかりにくいし、覚えるのが大変……。
そんな百人一首を、現代風に、くすりと笑える「5文字」にしてみました……!
とっても楽しくわかりやすい、新たな百人一首の教養本!

元の歌→訳→意訳→五文字 の四段階の訳+直感的にわかるイラストで、うたの意味を想像しつつ、
かわいいネコちゃんが、歌の内容を、話したくなる豆知識とともにゆる~く解説!

歌の詠まれた場所マップ、改めて理解する機会がなかなかない「枕詞」「序詞」「掛詞」のちがいや、昔使われていた月や時間帯を一覧にした知識コラムもあって、「序詞ってなに?」「どこで詠まれた歌なんだろう?」「有明の月ってなんだったっけ?」「歌を詠んでいる人同士の関係性は?」といった疑問も一挙解決!


*たとえば、あの有名な「ちはやふる~」の百人一首を5文字であらわすと……?
→「空前の紅葉」
※元の歌「17.ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは」→訳「神々の時代の話としても聞いたことがありません。竜田川の水が唐紅色にくくり染めされるなんて」→意訳「こんな見事な紅葉は、今まで無かった」→「空前の紅葉」

ネコちゃん解説
<神様の時代にもなかったぐらい、竜田川が紅葉でいっぱいになったという歌。紅葉の屏風絵の前で想像で詠んだもの。
「ちはやぶる」は「神」にかかる枕詞。「水くくる」の意味は、「水を絞り染めにする」と、「水が紅葉の下を潜る」の二つの説がある。とにかくすごい紅葉だ。「紅葉」と言わずにそれを表現しており、聞く人の想像力を試される歌でもある。落語やマンガのタイトルになったりして、百人一首の中でも何かと有名。
作者の在原業平は、歌が上手ですごくもてた。物語の主人公のモデルにもなった。>

ほかにも……
「2.春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣干すてふ 天の香具山」→「洗濯日和だ」
「12.天つ風 雲の通ひ路 吹きとぢよ 乙女の姿 しばしとどめむ」→「アンコール」
「21.今来むと いひしばかりに 長月の 有明けの月を 待ち出でつるかな」→「この嘘つき」
「33.ひさかたの 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ」→「桜散るの早」
「60.大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみも見ず 天の橋立」→「不正は無い」
「78.淡路島 かよふ千鳥の 鳴く声に いく夜寝ざめぬ 須磨の関守 」→「鳥うるさい」

『ちはやと覚える百人一首』著者あんの秀子氏 解説

書店在庫を見る

オンライン書店