2021.04.28

絵本新人賞受賞・はっとりひろきの『いっぺん やって みたかってん』制作日記

第39回 講談社絵本新人賞受賞作家の受賞からデビューまで 第3回「原画が完成しました。」

著者:はっとり ひろき

※この記事は、講談社絵本通信(2018年2月)掲載の記事を再構成したものです。

皆さまこんにちは、はっとり ひろきです。今回の制作日記は、原画が完成した様子や、描き文字と見返しについて、お話ししたいと思います。

前回の制作日記を書いてからも、原画を描き続ける怒涛の日々が続きました。僕のわがままで、全ての原画の描き直しをさせて頂いていたので、まずは新人賞に提出した時の原画に負けていないか、そして自分の絵になっているのかを1枚1枚比較しながら描きました。余裕のあるスケジュールで進めていたのですが、絵を描いていると没頭してしまって、時間はあっという間に過ぎます。とにかく提出期限は必ず守れるようにと、日々、カレンダーとにらめっこしながらの作業でした。

そして、本文の原画は、提出期限の2日前にようやく完成しました。その後、塗り残し等がないだろうかと再度確認したあと、明日の郵送で間に合うと思い、夕暮れどきにひと休みして天気予報を見ていました。すると、東京は雪が積もっているらしいのです。雪が降ったら大変だろうなあ。車も電車も厳しいなあ。うんうん。大渋滞だし荷物も届かないな。東京が雪ねえ……。そうかそうか……。届かない、届かない……。


届かないー!


「明日の郵送じゃ原画が届かないかも―!」

ということで、そこからあわてて梱包しました。濡れないように、外からもテープでぐるぐる巻きにして、雪がちらつく中、その日のうちになんとか宅急便にすべり込みセーフで発送しました。次の日はちょうど、(シ)さんと 電話で打ち合わせの日。
無事に原画が届いたと聞いて、ほっとしました。


それまで並行して進めていた表紙のラフも、ゴーサインが出て、それと共に描き文字と見返しも描く事になりました。描き文字というのは、絵本の中の手書きの文字の事です。僕は、これを自分が描くものとは思っていなかったので、びっくりしました。
ひとつの文をいろんなパターンで画用紙に描きました。これもまた楽しい作業でした。何種類もあったのですが、その中の1枚がこんな感じです。(梱包前にパチリ)

うぉぉぉぉぉーーー!​

そして、またまたびっくりしたことが、見返しに使用するイラストです。以前、表紙のラフ案を何種類か出した中に、僕が趣味で描いている一風変わったイラストも入れていたのですが、(シ)さんに、それを気に入っていただいて、見返しに模様のようにして使いましょうと提案してくれたのです。実際に原画として提出したものは、あらためて描いたものですが、公園をイメージして、とにかく自由に描かせてもらいました。僕は、学校の美術の授業以来、特別どこかで絵を習った経験はありません。ただ小さい頃から絵を描くのが好きで、その延長線上にいるだけの感覚なのです。そのため、専門的な描き方はわかりませんが、自分の感覚が心地よい絵を描きたいのです。見返しに使ってもらえる絵もそのひとつで、遊び心満載で楽しく描きました。見返しということで、フルカラーとはいきませんが、どのようになるのかとても楽しみです。本ができあがったら、チェックしてみてくださいね。こんな機会をあたえて頂いて心の底から感謝の気持ちでいっぱいです。(シ)さんありがとうございます。


そして1月末ごろには表紙の原画も無事に出来あがり、原画を描く作業はひとまず終わりました。描き文字や見返しとともに送りだした時、自分から巣立っていったような、そんな気持ちになりました。次回の打ち合わせの時には、印刷された姿が見られるということなので、またドキドキしながら、その日を待ちたいと思います。そして、この制作日記でも、その様子をお伝えしたいと思います。


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 

こちらができあがった絵本です。

今日はあめふり。せやから、公園にはだ~れもおりまへん。そんなときに、砂場から出てきたのは……。遊具たちが自由に動いて遊びまわる!?

『いっぺん やって みたかってん』 
作:はっとり ひろき 講談社

著者紹介

はっとり ひろき

1978年岐阜県海津市生まれ。小さいころから絵を描くことと、F1が好きだった。高校卒業後、建設機械及びフォークリフトの整備士として勤める傍ら、絵本作家を目指す。2016年よりメリーゴーランドの絵本塾に通う。2017年、『いっぺん やって みたかってん』で第39回講談社絵本新人賞受賞。三重県在住。2児の父。