1月5日 ウルトラマンコスモスが怪獣ザランガの出産を助ける!?

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 1月5日(2002年)

テレビマガジン編集部

ザランガが子どもを産む!

ザランガが目を覚まし、作戦が開始された。ザランガが地球に飛来した際、海岸で打ち上げ花火が上がっていたことから、EYESはザランガが火薬を苦手としていると推測。市街地のある方向に花火弾を撃つことで、ザランガの歩みを止めさせる。そして、ムサシとフブキ隊員の乗るEYES専用車両・シェパードに拡声器を搭載し、波の音をザランガに聞かせることで、ザランガを誘導した。

ザランガの出産は近づいており、体温は上昇している。EYESは降雨弾でザランガを冷やしてやりつつ、海のある方角に進ませた。しかし、ザランガを見物しにきた若者たちが、道を塞いでしまう。ムサシたちは、彼らに道を開けるよう訴えるが、怪獣を見てエキサイトした若者たちは話を聞こうとしない。さらに、あろうことか若者たちはロケット花火を打ち上げ始めてしまう。

花火に驚き、市街地に向かってしまうザランガ。さらに、そこにはガスタンク施設もあった。ムサシはコスモスに変身し、進行を止めようとするが、体温上昇によって、ザランガの皮膚はコスモスが耐えられないほどの高熱を発していた。すると、コスモスはルナコールドでザランガの体を冷やしてトランスバブルで体を包み、ザランガを海に運んでやった。

その後、海面が輝き、2体の怪獣が現れる。無事にザランガが、ベビーザランガを出産したのだ。ベビーザランガは、コスモスが自分の誕生を助けてくれたことを悟ったのか、コスモスに向かって鳴き声をあげると、親子は天に昇るように地球を去っていくのだった。
無事に産まれたザランガの子ども・ベビーザランガ  ©円谷プロ PHOTO/講談社

宇宙怪獣 ザランガ

出産時は、コスモスが触れられないほどの体温上昇が起きる  ©円谷プロ PHOTO/講談社
【ウルトラ怪獣事典】
宇宙怪獣 ザランガ

身長/59メートル
体重/7万4000トン

出産の際に発生する体温上昇を海水で抑えるため、地球に現れた怪獣。過去にも同種が地球で出産に訪れており、その記録が江戸時代の文献に残されていた。

登場エピソード:『ウルトラマンコスモス』第27話「地球生まれの宇宙怪獣」(2002年1月5日放送)
脚本:前川 淳/特技監督:高野敏幸/監督:市野龍一

今回紹介したエピソードはウルトラサブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」で配信中。ウルトラマンシリーズが見放題になる動画配信サービスです。
TSUBURAYA IMAGINATION
2023年1月31日(火)までスタンダードプラン無料キャンペーン実施中!
https://m-78.jp/news/post-6590

1月5日はザランガが地球で子どもを産んだ日

1月5日は、子どもを産むためにザランガが地球に飛来したエピソードの日。コスモスやEYESの奮闘で、ザランガは無事に元気な赤ちゃんを産むことができたのでした。
※この記事は『ULTRAMAN ウルトラマン&怪獣手帳 2023』をもとに構成しています。
©円谷プロ

テレビマガジン ウルトラマンシリーズの最新刊

『テレビマガジンデラックス 決定版 ウルトラ怪獣大集合 パーフェクト超百科 増補改訂』定価:1980円(本体1800円)
ウルトラQからウルトラマントリガーまでの全怪獣・宇宙人、1495体を掲載!
24 件

テレビマガジン編集部

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンX(旧Twitter) @tele_maga  SNS:テレビマガジンLINE@ @tvmg  記事情報と付録の詳細は、YouTubeの『ボンボンアカデミー』で配信中。講談社発行の幼年・児童・少年・少女向け雑誌の中では、『なかよし』『たのしい幼稚園』『週刊少年マガジン』『別冊フレンド』に次いで歴史が長い雑誌です。

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンX(旧Twitter) @tele_maga  SNS:テレビマガジンLINE@ @tvmg  記事情報と付録の詳細は、YouTubeの『ボンボンアカデミー』で配信中。講談社発行の幼年・児童・少年・少女向け雑誌の中では、『なかよし』『たのしい幼稚園』『週刊少年マガジン』『別冊フレンド』に次いで歴史が長い雑誌です。