4月21日 ウルトラセブンが孤独な天才を使うプロテ星人の侵略計画を阻止!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 4月21日(1968年)

テレビマガジン編集部

プロテ星人に苦戦するセブン! セブンの相手は抜け殻だった!!

仁羽教授は、電送移動機でソガを科学観測衛星に転送。ソガを記憶探知機に座らせ、防衛軍が科学観測衛星に近づくまでの時間を聞き出すと再び地球に戻る。すると、一の宮がやってきた。プロテ星からの迎えが来たことに喜ぶ一の宮だったが、仁羽教授は科学観測衛星に地球各所の戦略資料が収められていることを伝える。科学観測衛星は、地球侵略のためのスパイ衛星だったのだ。

一の宮は侵略をやめるように言うが、仁羽教授は聞こうとしない。一の宮が摑みかかると、仁羽教授は本来のプロテ星人の姿となって一の宮を襲う。そこに、ダンが到着した。ダンは人間大のサイズのまま、ウルトラセブンに変身。プロテ星人が屋外に出て巨大化すると、セブンも巨大化した。

プロテ星人に戦いを挑むセブンであったが、なぜか攻撃が通用せず、プロテ星人の不可思議な攻撃に苦戦。そのプロテ星人は抜け殻だった。仁羽教授は自分の抜け殻にセブンの相手を任せ、電送移動機で科学観測衛星に戻ろうとするが、そこに一の宮が割って入る。ふたりを同時に転送できない電送移動機はショートし、一の宮と仁羽教授は姿を消してしまう。

本体が消えたことで、プロテ星人の抜け殻は消滅。セブンは科学観測衛星を回収しに来たプロテ星人の宇宙船からソガの乗った衛星を奪還。そして、ウルトラ警備隊は、プロテ星人の宇宙船を破壊するのだった。

宇宙スパイ プロテ星人

幻影を生み出しセブンを惑わす  ©円谷プロ PHOTO/講談社
【ウルトラ怪獣事典】
宇宙スパイ プロテ星人

身長/1.7〜46メートル
体重/100キロ〜1万2000トン

シリウス系第七惑星の宇宙人。京南大学の仁羽教授として地球に潜伏し、物体を転送する電送移動機の理論を生み出した一の宮を利用。科学観測衛星に防衛軍の戦略資料を集め、母星に送ろうとした。

登場エピソード:『ウルトラセブン』第29話「ひとりぼっちの地球人」(1968年4月21日放送)
脚本:市川森一/特殊技術:高野宏一/監督:満田かずほ(かずほは、正しくは禾に斉になります)

今回紹介したエピソードはウルトラサブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」で配信中。ウルトラマンシリーズが見放題になる動画配信サービスです。
TSUBURAYA IMAGINATION
『ウルトラマンブレーザー THE MOVIE 大怪獣首都激突』配信中!
https://m-78.jp/news/post-7039
『ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA』2024年4月1日より配信開始!
https://m-78.jp/news/post-7037

4月21日はプロテ星人が防衛軍の戦略資料を奪おうとした日

4月21日は、地球侵略を目論むプロテ星人が孤立した天才科学者を利用し、地球の戦略資料を母星に持ち帰ろうとしたエピソードの日。プロテ星人の企みを阻止し、死亡してしまったと思われる一の宮。彼を少しかわいそうに感じて物思いに耽るソガ隊員に、ダンは一の宮が生きていて、どこか遠くの星から地球を懐かしんでいるかもしれないと話すのでした。
©円谷プロ

テレビマガジン ウルトラマンシリーズの最新刊

『ビジュアルシリーズ ウルトラマンブレーザー 全バトルクロニクル』
大好評だった「ウルトラマンブレーザー」の全バトルとドラマの写真を放送順に大掲載。貴重な現場写真で、各回の見せ場を大きく魅力的に見せることで、「ウルトラマンブレーザー」を再体験でき、再視聴したくなる一冊になっています。よくみると、メイキングも載ってます。カバーを取るとサプライズも!
『ウルトラマン ニュージェネレーション英雄伝』
大人のウルトラファンに向けて、ウルトラマンゼロ、『ウルトラマンギンガ』から『ウルトラマンブレーザー』までのウルトラマン ニュージェネレーションと呼ばれるシリーズを、ウルトラマンデザイン、ストーリー、防衛チーム、怪獣・宇宙人、スタッフ、特撮等から解読するムックです。
23 件

テレビマガジン編集部

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンX(旧Twitter) @tele_maga  SNS:テレビマガジンLINE@ @tvmg  記事情報と付録の詳細は、YouTubeの『ボンボンアカデミー』で配信中。講談社発行の幼年・児童・少年・少女向け雑誌の中では、『なかよし』『たのしい幼稚園』『週刊少年マガジン』『別冊フレンド』に次いで歴史が長い雑誌です。

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンX(旧Twitter) @tele_maga  SNS:テレビマガジンLINE@ @tvmg  記事情報と付録の詳細は、YouTubeの『ボンボンアカデミー』で配信中。講談社発行の幼年・児童・少年・少女向け雑誌の中では、『なかよし』『たのしい幼稚園』『週刊少年マガジン』『別冊フレンド』に次いで歴史が長い雑誌です。