4月20日 ウルトラの母がウルトラマンタロウを助けに地球へ登場!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 4月20日(1973年)

テレビマガジン編集部

『ウルトラQ』『ウルトラマン』の放送が開始され、ウルトラ怪獣が登場した1966年以来、半世紀以上にわたって脈々と続くウルトラマンシリーズ。作品ごとに子どもたちは、現実とフィクションとを一体に感じ、日々、ウルトラヒーローや怪獣たちに夢中になっていた。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「4月20日」(1973年)。

ライブキングと戦うウルトラマンタロウ  ©円谷プロ PHOTO/講談社

1973年4月6日より放送が開始された『ウルトラマンタロウ』。ウルトラの父とウルトラの母の実子であるウルトラマンタロウは、宇宙科学警備隊ZAT(ザット)の隊員である東 光太郎と一体化し怪獣や宇宙人と戦う。

工事現場に出現した、体を液体に変えることのできる怪獣コスモリキッドはウルトラマンタロウの攻撃を受け、液体となって地面に吸い込まれていった。しかしその後、光太郎は謎の穴に落ちてしまう。

その穴は、怪獣ライブキングの鼻の穴で、光太郎はライブキングの体内に捕らわれてしまう。さらに、ライブキングは液体になったコスモリキッドも飲み込んでおり、ZATの光太郎救出作戦によってコスモリキッドがライブキングから脱出。2体は戦いはじめてしまった。
「ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

怪獣に飲み込まれた光太郎をコショウで吐きださせる!?

1973年4月20日は『ウルトラマンタロウ』第3話「ウルトラの母はいつまでも」が放送された日です。第2話「その時ウルトラの母は」にて、怪獣ライブキングのお腹の中に入ってしまった光太郎と、健一少年の愛犬ポチを救うため、ZATの朝日奈隊長はコショウ1トンを要請。戦闘機のスカイホエールに搭載すると、ライブキングとコスモリキッドがいる上空からコショウを散布してクシャミをさせる。

すると、光太郎はライブキングの鼻の穴から放り出される形で脱出に成功した。ZATは2大怪獣に攻撃を加えるが、あまり効果はない。とくにコスモリキッドは体を液状化する能力を持っており、光太郎は怪獣を一度凍らせて粉砕する作戦を提案するが、ZATには凍らせる手段がなかった。

光太郎は、ウルトラマンタロウに変身。戦闘を開始するが、戦っていた2体は矛先をタロウに向け、攻撃してきた。そして、ライブキングに踏みつけられたタロウは腕を負傷してしまう。タロウは攻撃を避け、ライブキングとコスモリキッドを相討ちさせて体勢を立て直すと、ウルトラフリーザーで2体を氷漬けにすることに成功した。

スカイホエールは搭載した鉄球をぶつけ、コスモリキッドを撃破。タロウもストリウム光線でライブキングの体を爆散させるのだった。
次のページへ爆散したはずのライブキングがタロウを襲う!
24 件