山田涼介が巨大ゴミ(?)怪獣の死体に挑む『大怪獣のあとしまつ』

映画『大怪獣のあとしまつ』2022年2月4日(金)全国公開! ノベライズ版も先行発売!

テレビマガジン編集部

冷却作戦の次は、ダム爆破作戦!

次なる作戦は、アラタの元恋人で現在は正彦の妻であるユキノの発案で、上流のミツハダムを爆破し、その水流によって『希望』を海まで押し流す案が採用される。

効率の良い水量を確保するには爆破技術が必要と白羽の矢が立ったのが、かつて爆破技術では特務隊一のスペシャリストだったブルースだ。

プロジェクションマッピングでダムの壁面にマトリックスを描きながらのダイナマイト設置シーンは胸が躍るぞ。

特務隊を除隊して行方をくらませていたブルース(演・オダギリジョー)が、あとしまつに参戦!
©2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

果たして、最後にあとしまつをするのは誰だ!?

ところがダム爆破作戦も、ある人物の謀略によって失敗。

そして怪獣の爆発阻止のため、正彦指揮による特務隊を軸に、国防軍のミサイルによる隆起のガス抜きを決行することに。

『希望』のあとしまつに、すべての力が結集されるのだ!

だが時を同じくして、『希望』から発する菌糸には人間の体から謎のキノコを生えさせることが発覚する。しかし、既に計画中止は不可能な状況だ。

そんな中、アラタはブルースが残した腐敗隆起の正確な爆破ポイントの図面を入手。穿孔排気ランチャーを手に、一人で腐敗隆起をめざす。

怪獣爆発の目安となる内圧550パスカルに達するまでの時間がせまり、発射されるミサイル。

果たして、アラタの運命は? 
怪獣『希望』は、どうなるのか!?

右往左往するばかりの政府首脳陣。彼らが目の当たりにする結末とは?
©2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

『希望』はCGではなく、模型を作成!

巨大さのあまりほとんど背景となってしまう『希望』だが、なんと三木監督のこだわりで精巧な模型として作成されている。

製作期間は驚きの約3ヵ月。「平成ゴジラ」シリーズなどを手掛けた若狭新一さんによる、特大サイズの怪獣だ。三木監督も「すばらしい怪獣の造形を作り上げることができた」と絶賛する出来栄えになっているとのこと。そして、本作の特撮を手掛ける特撮監督は、「スーパー戦隊」シリーズなどで知られる佛田 洋さんだ。

CGでは出せない圧倒的な存在感を、ぜひスクリーンで目撃してください!

細部までこだわって制作された全身模型のミニチュア。前代未聞のスクリーン映えする『希望』のポーズが決定した後、さらに撮影用の大型模型(写真 左奥)が作られた。
©2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

映画『大怪獣のあとしまつ』は、2022年2月4日(金)より全国公開!(企画 配給 : 松竹 東映)

衝撃のあとしまつを、見逃すな!

ノベライズ版も公開に先駆けて発売!

前代未聞の怪獣映画が、朝読にもぴったりの読みやすい小説になりました! 小学生・中学生におススメで、1月27日発売予定!

講談社KK文庫
『小説 大怪獣のあとしまつ』
1月27日発売予定! 定価:770円(本体700円)

講談社文庫
『大怪獣のあとしまつ 映画ノベライズ』
発売中! 定価:671円(本体610円)
アラタを演じる、山田涼介さん場面写真をカラー収録

©2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会
35 件

テレビマガジン編集部

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンTwitter @t...