12月22日 ウルトラマンX最終回 グリーザと最後の戦い!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 12月22日(2015年)

テレビマガジン編集部

『ウルトラQ』『ウルトラマン』の放送が開始され、ウルトラ怪獣が登場した1966年以来、半世紀以上にわたって脈々と続くウルトラマンシリーズ。作品ごとに子どもたちは、現実とフィクションとを一体に感じ、日々、ウルトラヒーローや怪獣たちに夢中になっていた。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「12月22日」(2015年)。

グリーザ(最終形態)と戦うウルトラマンエックス ハイブリッドアーマー
©️円谷プロ PHOTO/講談社

ニュージェネレーション ウルトラマンシリーズ第3作の『ウルトラマンX』は、『ウルトラマンギンガ』、『ウルトラマンギンガS』に引き続き『新ウルトラマン列伝』内で2015年7月14日より放送が開始された。特殊防衛チームXio(ジオ)のメンバーである大空大地は、ウルトラマンエックスとユナイト(一体化)し、怪獣や宇宙人に立ち向かう。

それまでのウルトラマンは、ウルトラマンと変身者が(一時的にせよ)同一の存在といった設定が多かったが、本作は変身者である大地とウルトラマンエックスの人格が別々に存在しており、相棒のような二人の掛け合いや、戦いの中で築かれていく絆も見どころだ。


かつてエックスが太陽に封じ込めた虚空怪獣 グリーザが復活。エックスは直接Xioに協力を求め、大地も山瀬アスナに自身の正体を明かし、決戦に挑んだ。しかし、エックスはグリーザ(第2形態)に敗北。カラータイマーを残し大地も姿を消してしまうのだった……。
「ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

大地を救い出せ!

2015年12月22日に放送されたのは『ウルトラマンX』第22話「虹の大地」。グリーザ(第2形態)に敗北し、ウルトラマンエックスは姿を消した。アスナは残されたエックスのカラータイマーに近づき触れることで大地の鼓動を聞き、大地とエックスがまだ生きていると確信。ファントン星人グルマン博士は、誰かをエックスの電脳空間に送り込み救出する作戦を立てる。そして、その作戦にアスナが志願するのだった。

一方、エックスの攻撃でダメージを受けていたグリーザが再生して行動を再開。サイバーゴモラの攻撃を物ともせず進撃し、Xioが保管していたスパークドールズを吸収してグリーザ(最終形態)となってしまう!
次のページへグリーザに対し、大地とウルトラマンエックスが奇跡のユナイト!
22 件