11月27日 ウルトラマン 車のひき逃げに怪獣ヒドラが暴れる!?

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 11月27日(1966年)

テレビマガジン編集部

クルードラゴンのような民間企業の開発による宇宙船が登場したことで、宇宙がまた身近になってきました。今年2021年11月9日(日本時間)には国際宇宙ステーションに半年間滞在していた星出彰彦宇宙飛行士がクルードラゴンに乗って帰ってきたばかりです。

宇宙の活用が進み、人口衛星からの情報が車のドライブをサポートしてくれるようになっても、ヒヤリとしたり、ハッとしたりすることがまだあります。意外かもしれませんが、交通事故が引き起こした怪獣のエピソードが『ウルトラマン』でも放送されています。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「11月27日」(1966年)。
 他の「ウルトラ怪獣日和」を見る 

不思議な出自と高い戦闘力を持つヒドラ
©️円谷プロ PHOTO/講談社

“初代”ウルトラマンが活躍する『ウルトラマン』は、科学特捜隊のハヤタ・シンが、ウルトラマンと一体化し、怪獣や宇宙からの侵略者から地球を守るために戦う物語だ。前作の『ウルトラQ』で描かれた、怪獣や宇宙人によって引き起こされる超常現象や事件といった要素に加え、ウルトラマンというヒーローを登場させることで前作を上回る大人気番組となった。

科学特捜隊の本部に謎の少年が姿を現し、ヒドラが出現して暴れることを予告する。少年の姿を見たのはフジ隊員だけで、本部のセキュリティシステムは全く反応を示さなかったらしい。


ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

伊豆の大室山で怪現象が発生

1966年11月27日に放送されたのは『ウルトラマン』第20話「恐怖のルート87」。

伊豆の大室山で怪現象が発生し、科学特捜隊が調査に向かった。一方、科学特捜隊の本部にひとりの少年が姿を現した。少年はフジ隊員に「大室公園のヒドラが暴れる」と伝え、去っていく。その直後、入室してきたイデ隊員に、フジ隊員は少年のことを聞くがイデ隊員は少年のことを見なかったらしい。

フジ隊員は現地にいるムラマツキャップに少年の話を伝える。大室山公園には、鳥と恐竜を合わせたような巨大な像があった。ヒドラの像のデザインは公募で決まった物で、デザインしたのはアキラという東京の小学生だった。科学特捜隊の隊員たちは、その少年の身元を調べるが、半年前に国道87号線でひき逃げにより亡くなっていた。そして、その遺影を見たフジ隊員は、本部にやってきた少年がアキラであったことに気づく。

ヒドラが国道を走る車を襲う!

そしてその夜、アキラの予言通りヒドラが目を覚ます。翌日には国道87号線に現れ、無差別に車を襲っていた。科学特捜隊が出撃して攻撃するが、ハヤタとアラシ隊員が乗っていた小型ビートルがヒドラとニアミスして不時着。ハヤタは片腕が使えなくなるほどの怪我を負ってしまう。科学特捜隊はハヤタ抜きで戦いを継続するが苦戦。そこに、負傷したハヤタが変身したウルトラマンが現れる。

しかし、ハヤタが怪我をしていたためかウルトラマンはヒドラに押されてしまい、必殺のスペシウム光線も避けられてしまう。すると、ウルトラマンとフジ隊員は飛行するヒドラの背中にアキラの姿を見つける。ウルトラマンは構えを解き、飛び立つヒドラを見守った。

戦いを終えた科学特捜隊の隊員たち。アキラをひき逃げした犯人は自首し、これでアキラも天国に行けると安心するフジ隊員であった。

高原竜 ヒドラ

鋭いくちばしや、翼を高速でうちつけて攻撃
©️円谷プロ PHOTO/講談社

【ウルトラ怪獣事典】
高原竜 ヒドラ
身長/60メートル
体重/0

伊豆、大室山公園にある「高原竜ヒドラ」と似た姿をした怪獣。ひき逃げで亡くなった子どもたちの霊が乗り移ったように、無差別に国道87号線を走る車を襲っていた。ハヤタが負傷していたためか、ヒドラの戦闘力が高いのか、戦闘ではウルトラマンを圧倒していた。

登場エピソード:『ウルトラマン』第20話「恐怖のルート87」(1966年11月27日放送)
脚本:金城哲夫/監督:樋口祐三/特殊技術:高野宏一

今回紹介したエピソードはウルトラサブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」で配信中。
ウルトラマンシリーズが見放題になる動画配信サービスです。
https://imagination.m-78.jp/

ウルトラな毎日を手帳と共に!?

こんなデータが凝縮されているのが『ULTRAMAN ウルトラマン&怪獣手帳 今日もウルトラ怪獣日和2022』。
いわば「ウルトラマンシリーズ版『今日は何の日?』」というコンセプトの手帳です。
・週間カレンダー:その日に放送された1作品をピックアップしたミニ紹介文。
・月間カレンダー:テレビの放送開始日や映画の公開日。
・作品の詳細なデータをリスト化(巻末)。
・全ウルトラマンシリーズのウルトラヒーローや防衛チーム、あらすじ、関連映像作品を55ページにわたって大紹介。
・怪獣出現地マップも掲載。
・カバーをはずすと、ウルトラマンシリーズ味満載ながらもシックなデザインが楽しめます。
丈夫なビニールカバー付きで、リアルな日常使いにも耐えるスペックです。
書店にて好評発売中! 定価1650円(税込)

11月27日はヒドラが車を襲った日

11月27日は、科学特捜隊の本部に現れたアキラ少年の予告通り、ヒドラが出現したエピソードの日。アキラ少年の霊に諭されたのか、ヒドラは攻撃をやめて少年とともに飛び立っていきました。隊員たちの言う通り、ヒドラは交通事故で亡くなった多くの少年たちの化身、そして子どもたちの守り神だったのかもしれません。

『ULTRAMAN ウルトラマン&怪獣手帳 今日もウルトラ怪獣日和2022』
書店にて好評発売中! 定価1650円(税込)
Ⓒ円谷プロ Ⓒウルトラマントリガー製作委員会・テレビ東京

「ウルトラマンシリーズ版『今日は何の日?』」というコンセプトの手帳。
・週間カレンダーにはその日に放送された1作品をピックアップしたミニ紹介文を掲載。
・月間カレンダーにもテレビの放送開始日や映画の公開日を掲載。
・巻末には週間カレンダーで紹介した作品の詳細なデータをリスト化。気になったエピソードのサブタイトルや主な登場怪獣・宇宙人も確認できる。
・全ウルトラマンシリーズのウルトラヒーローや防衛チーム、あらすじ、関連映像作品を55ページにわたって大紹介。
・怪獣出現地マップも掲載。
・カバーをはずすと、ウルトラマンシリーズ味満載ながらもシックなデザイン。
・丈夫なビニールカバー付き。

©円谷プロ

テレビマガジン編集部

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンTwitter @t...