ここがすごいぞ! 『キングオージャー』 ダイゴーグ襲来にンコソパの運命は?

スキマ時間で読む! 『王様戦隊キングオージャー』ストーリーと見どころポイント【第17話】

テレビマガジン編集部

リタとヒメノが心を通わせた第16話に引き続く第17話を、TELEMAGA.netが独自の視点で注目した「見どころ」と、本作ならではの「要チェックポイント」を紹介、本エピソードの魅力をあらためてピックアップ!

ンコソパにバグナラク襲来! 服従を迫るラクレス!

モニターに映らぬようクワガタオージャーを踏みつけるトンボオージャー  ©テレビ朝日・東映AG・東映 PHOTO/講談社
シュゴッダム国王のラクレス・ハスティーによるバグナラクとの和平同盟交渉が始まり、利害が一致したカグラギとジェラミーはラクレスにつきました。

一方、15年前、ゴッカンの前王を暗殺した男と、「神の怒り」事件との関係を暴いたリタとヒメノはその類似した境遇におかれた者同士、心を通わせたのです。

そんななか、ンコソパにバグナラクが攻め入りました。

ラクレスはンコソパの王、ヤンマ・ガスト=トンボオージャーに対し、ンコソパも和平に加わりシュゴッダムに忠誠を誓えばバグナラクは撤退すると告げます。

当然ながらトンボオージャーはこれを容認せず、モニターごしに見えないよう踏んづけていたギラ=クワガタオージャーとともに襲いくるサナギムたちと戦闘を開始します。

一方、ジェラミー・ブラシエリは、和平条約を結んだにもかかわらずバグナラクが侵略を始めたことに対し、ラクレスに状況を問いますが、バグナラクはシュゴッダムへの不可侵を約束しただけであり、自分がチキューを統一することが平和への最善手だと答えます。

つまり、ンコソパのようにシュゴッダムに従属しない国は自ら滅びるというのがラクレスの考えなのです。

今や5王国の均衡は崩れ、チキューの8割以上のシュゴッドが集中しているシュゴッダム、カグラギが治めるトウフがバグナラクと和平を結び、ゴッカンは中立の立場、そうすればンコソパとイシャバーナを合わせて対抗したとしてもかなうわけがありません。

しかしギラを確保しているンコソパには、キングオージャーという切り札があります。ギラが死んだことになっていることを利用し、一撃必殺の奇襲をかけて勝負に出ようというのです。

もちろん、その結果負けてしまえばすべてはご破算とはなりますが……。

ヤンマはカグラギに打診し、ギラが生きていることをラクレスに伝えていないことを確認、さらにンコソパ同様、バグナラクの襲撃を受けたヒメノ・ランとリタ・カニスカもヤンマに同調し、ゴッドタランチュラの力を得るためジェラミー確保に動き出すのでした。

一撃将軍ダイゴーグ復活す!

甦った古の英雄、一撃将軍ダイゴーグ  ©テレビ朝日・東映AG・東映 PHOTO/講談社
そのころ地帝国バグナラクの基地では、「古の英雄」と宰相カメジムが呼ぶ一撃将軍ダイゴーグが甦ろうとしていました。

ゲロウジームからこの情報を聞きつけたジェラミーはすぐさまラクレスのもとへ向かい、昔話を語り出します。

100年か、1000年前だったか、とにかく大昔のことであります。

地底ではバグナラクの統一と地帝国の王を決するために、デズナラク8世が指揮するバグナラクと、別のバグナラクの親玉が指揮するバグナラクたちとの抗争が繰り広げられていました。

激戦のなか、デズナラク8世の軍を勝利に導いた英雄がいました。幾千、幾万の敵をたったひと薙ぎで打ち倒したこの英雄こそ「一撃将軍」と呼ばれたダイゴーグだったのです。

そのダイゴーグを甦らせようとしているデズナラク8世に和平の意思はないと、ジェラミーはラクレスに忠告しますが、意外にもラクレスはこの事実をすでに知っていたばかりでなく、甦らせる技術を提供したのは自分だと答えたのです!

英雄の復活は和平の証だというラクレスに絶望したジェラミーでしたが、その帰路、リタの側近モルフォーニャに確保され力なく同行しました。

ゴッカンで被告人席に立たされたジェラミーは、和平に失敗して落胆していましたが、リタはゴッドタランチュラの力を提供すれば減刑すると取引をもちかけます。

しかしジェラミーは、自分はすべてを統べる王になるとあらためて自身の立場を認識し、人に動かされることなく自らが信じて行動することこそ心躍る物語なのだと心を決めました。
次のページへ ダイゴーグとオオクワガタオージャーの猛攻に、ついにギラが立ち上がる!
19 件