2023年は卯年! 表情が豊かでかわいい! はじめてのうさぎの飼い方とは?

ペットとしても大人気のうさぎ。はじめてのペットとしてお迎えする前に知っておこう

動物学者:今泉 忠明

2023年は卯年!

かわいい動物、うさぎの飼い方を紹介します!

動物を家に迎える前には、動物の特徴や必要なものを、しっかり調べることが大切です。動物学者の今泉忠明先生に、生き物の特徴や習性を教えてもらいました。

今回は、うさぎの中でもとても小さくてかわいい、ネザーランドドワーフ! お掃除やえさなど、注意するポイントをお届けします。

うさぎ(ネザーランドドワーフ)ってどんな生きもの?

写真/iStock
・長い耳で、音がとってもよく聞こえます

・前歯はずっと伸び続けます

・後ろ足が大きくて、走るのが得意

・とても用心深いです


体長:25cmくらい
体重:1~1.5キログラム

実はとっても感情が豊か! うさぎの気持ちを知って仲良くなろう!

うさぎの気持ちを知ると、コミュニケーションを取れるように!

その場でジャンプする→楽しい気分

足を伸ばして、ぺたんと寝そべる→とてもリラックスしている

足で床を強く踏む→怒っている

穴を掘る真似をする→興奮している

うさぎは猫や犬とちがい、名前をよぶと走ってきたり、喜んだりせず、おとなしくて静かな動物です。
リラックスして飼い主に感情をきちんと伝えることが、うさぎの甘え方だと知っておきましょう。

お迎えする前に準備するもの

写真/iStock イラスト/下間文恵
ケージは、部屋で人の出入りが少ない場所に置いてね!

・ケージ
:かじっても安心な金網のものがおすすめ! 大人になっても余裕があるサイズを選びましょう。

・牧草入れ:いつでも食べられるようにしておきましょう。

・水入れ:金網に取り付けられるボトルタイプがおすすめ。

・巣箱:うさぎが寝たり、隠れたりする場所です。

・えさ入れ:うさぎがひっくり返さないように、重いものにしましょう。

・おもちゃ:歯が伸びすぎないように、かじれる固いものにしましょう。

:ふんやおしっこの掃除がしやすいように、すのこタイプがおすすめ。

トイレ:体の大きさにあったサイズを選んでください。中にはトイレ用の砂を入れます。

さっそくお世話してみよう

注意すること

写真/iStock
・とても用心深いので、お迎えして1週間は、抱っこしたり、大きな声で話しかけたりしないでください。

・寒さに弱いので、冬は温度調節が必要です。

・1日1回は、ケージの外で運動させましょう!

・とても敏感だから、耳を引っ張ってはいけません。
子どもと一緒に、楽しく育てられる生き物は、他にもいっぱい!

ぜひ、調べてみてください。
監修/今泉忠明 イラスト/下間文恵 構成/富岡ゆかこ

※このページのうさぎは全て、「ネザーランドドワーフ」を示します。
いまいずみ ただあき

今泉 忠明

Imaizumi Tadaaki
動物学者 日本動物科学研究所 所長

1944年生まれ。ほ乳動物学者。東京水産大学卒業後、国立科学博物館でほ乳類の分類を学ぶ。現在、静岡県伊東市にある「ねこの博物館」館長。...