オオアリクイの舌は超高速でうごく!? 「とってもふしぎ! おどろきのいきもの」

口先と舌が長〜い、オオアリクイの3つの驚きポイントを紹介!

動物学者:今泉 忠明

世界には、とっても不思議な生き物がたくさん! 動物学者の今泉忠明先生に、生き物の驚きの特徴や習性を教えてもらいました。

今回は、オオアリクイ! 面白い見た目など、不思議でびっくりな特徴をお届けします。

オオアリクイってどんな生き物?

・体全体が細長い
・口先と舌がとっても長い
・アリやシロアリが大好物
・しっぽの毛が、ふさふさしている


体長:1.2メートルくらい
生息地:中央アメリカ〜南アメリカの草原や熱帯雨林

【驚きポイント①】 長い舌は とても早く動く!

写真/iStock

オオアリクイの、ミミズのような細長い舌は、約60cmと、体の半分くらいの長さがあります。

1分間に150回くらい、舌を出し入れして、食べ物を口に運びます。

【驚きポイント②】 大きなかぎ爪で 敵から身を守る!

写真/iStock

前足のかぎ爪はとても大きく、ありの巣や腐った木を崩して、ありを食べます。

おおきな爪で、ジャガーなどの敵を倒すこともあります。

【驚きポイント③】赤ちゃんは お母さんのおんぶが大好き!

写真/iStock

生まれてから10カ月くらいまで、赤ちゃんはお母さんの上に乗って、移動します。
不思議な見た目や技を持った生き物は、他にもいっぱい!

ぜひ、動物園に観察に行ってみてください。

監修/今泉忠明 イラスト/下間文恵 構成/富岡ゆかこ

いまいずみ ただあき

今泉 忠明

Imaizumi Tadaaki
動物学者 日本動物科学研究所 所長

1944年生まれ。ほ乳動物学者。東京水産大学卒業後、国立科学博物館でほ乳類の分類を学ぶ。現在、静岡県伊東市にある「ねこの博物館」館長。...