東京ディズニーランド「小学生」モデルコース「SNSで話題の大人気インスタグラマー」アミサさんおすすめ

入園待ちのポイントから絶叫系アトラクション、DPAの使いどころまで一挙公開!

ライター:飯島 房枝

東京ディズニーリゾート40周年の2023年、家族で行きたいスポットナンバー1の東京ディズニーリゾート。久しぶりにチャレンジしたいと思いつつ、どこをどのように回ったら? 子どもの年齢別に最大限エンジョイするためには?

そこで、2児のママでありながら、東京ディズニーリゾートに30年以上通うこと数百回の人気インスタグラマー・アミサさんに、子どもの年齢別に最大限エンジョイできるモデルコースを教えていただきました。
大人気アトラクション『美女と野獣“魔法のものがたり”』

絶叫系OK「小学生」おすすめコース


パーク着!


「パーク到着後、早めに入場するためには並ぶ位置も大事です。手荷物検査のあと、並ぶときに中央ではなく両端まで進んで並ぶと、比較的列が短くなっていることが多いので早くゲートを通過できます」


入園直後
人気のアトラクションを攻める!


人気のアトラクションも朝一は、比較的待ち時間が短いので狙い目とのことです。アミサさんおすすめのアトラクションをうかがいました。

「先頭入園ができたなら、常に待ち時間の長い『美女と野獣“魔法のものがたり”』にチャレンジしてみるのも価値あり。『ベイマックスのハッピーライド』や絶叫系大好きなお子さんには『ビッグサンダー・マウンテン』もおすすめです。
『ベイマックスのハッピーライド』
また午前中の時間帯は、『ファンタジーランド』『トゥーンタウン』が比較的空いているので、2つのエリアを満喫するのが良いですよ」とのことです。

午前中
早めのランチ!

ランチは、レストランが混み出す前にとるのが良いそうです。レストランオープンと同時に入店すれば、並ぶ時間を短縮できるので時間を有効活用できますとのことです。あまり並ばずに入れるレストランを教えていただきました。

「奥まった所にあるレストランを選ぶのがポイントです。ウエスタンランドにある『キャンプ・ウッドチャック・キッチン』などは、比較的長く並ばずに買うことができます」

お昼時
待ち時間の長いものと短いものを織り交ぜて!

「お昼時から午後にかけての時間帯は、待ち時間の長い人気アトラクションと待ち時間が少ないアトラクションを織り交ぜて楽しむと、待ち時間の負担なく多くのアトラクションを体験することができますよ。

この時間帯にDPA(ディズニー・プレミアアクセス)を使って『美女と野獣“魔法のものがたり”』を体験するのもおすすめです」とのことです。

アミサさんの経験上、待ち時間が少なく乗れる5大アトラクションはこれ!

『蒸気船マークトウェイン号』
『スティッチ・エンカウンター』
『カントリーベア・シアター』
『魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ“アロハ・エ・コモ・マイ!”』
『ミッキーのフィルハーマジック』

「特におすすめしたいのは『ミッキーのフィルハーマジック』です! 2022年に追加された『リメンバー・ミー』のシーンは必見です!」とアミサさん絶賛のアトラクション、ぜひ体験してみてください。
『ミッキーのフィルハーマジック』
午後
昼のパレード鑑賞!

パレード待ちの間をランチタイムにあてて時間の有効活用をするのも手ですよ。パーク内で買ってきたものをレジャーシートをしいてピクニック気分! も楽しい思い出になります」

夕方
早めの夕食!

食べ盛りの小学生におすすめのレストランを教えていただきました。

『ハングリーベア・レストラン』は、コスパが良く安くてたくさん食べられるので良いですよ」

夜〜閉園
パレードorアトラクション

夜の時間帯の楽しみ方は、お子さんのタイプ別でチョイスしてみてくださいとのことです。

「パレードが大好きなお子さんは『東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ』を鑑賞しましょう。乗り物大好きなお子さんは、閉園が近づくと待ち時間が短くなってきているので人気のアトラクションを楽しみましょう。

『美女と野獣“魔法のものがたり”』は、案内終了している場合もあるのでご注意を!」とのことです。
ご家族での東京ディズニーランド旅行!

小学生のお子さんは、効率的に回ってたくさんのアトラクションをお楽しみください。
※記事の内容は、2023年4月時点のものです。詳しくは、東京ディズニーリゾート公式サイトをご覧ください。
興味がある方は、さらにこちらをチェック👇
毎月25日ごろ発売、ディズニー最新情報満載の月刊誌。東京ディズニーリゾートのイベント、ディズニー映画、音楽、ゲーム、キャラクターグッズなど、どこよりも詳しくお伝えします! 電子版も好評配信中です。
©Disney
あみさ

アミサ

amisa
インスタグラマー・インフルエンサー

2児のママインスタグラマー。元航空会社勤務。幼少期よりディズニー大好きな両親の洗礼を受け、東京ディズニーリゾートに通うこと数百回。好き...

いいじま ふさえ

飯島 房枝

Fusae Iijima
ライター

1980年神奈川県生まれ。和光大学卒業。講談社の幼児雑誌「おともだち」や「たのしい幼稚園」などから出版される雑誌や絵本などの構成を担当...