『嵐山光三郎の徒然草・三木卓の方丈記』

著:嵐山 光三郎 著:三木 卓 解説:三木 紀人 解説:小林 保治

0 件
発売日 2001/09/20
価格 定価:本体1200円(税別)
ISBN-13 9784062545525
判型 四六
ページ数 256ページ

読みたかった古典の名作を、この1冊で味わう!
第一線で活躍する作家陣が手がけた古典現代語訳の決定版シリーズ!

嵐山・三木、両氏の手による随筆の名品。
鎌倉時代に書かれた随筆文学の名品2作。嵐山光三郎・三木卓の名手ふたりが、それぞれの持ち味をいかして料理した現代語訳。この1冊でその魅力を堪能。

徒然草 序段 たいくつしのぎに 第一段 この世に生まれてきたからには 第二段 むかしの教えを忘れてはいけない 第三段 恋愛の情がわからない男は 第四段 仏から遠ざかってはいけない 第五段 これが理想の生活 第六段 子どもはなくてもいい 第七段 人間は、いつ死ぬかわからないから 第八段 人の心はおろかなものだ 第九段 女性に心をまどわせると 第十段 理想の家とは 第十一段 みかんの木 第十二段 心が通じあう人と話したい 第十三段 読書のすすめ 第十四段 すぐれた歌とは 第十五段 旅の楽しさ 第十六段 神楽 第十七段 山寺にひとりでこもり 第十八段 生活は質素に 第十九段 季節のうつりかわりの中に身をおくと 第二十段 空があたえてくれるもの 第二十一段 自然の味わいぶかさ 第二十五段 世の中は変わりやすいから 第二十六段 恋は心のなかにさく花 第二十七段 天皇の代が変わると 第二十九段 静かにもの思いにふけると 第三十段 人が死んだあとほど…… 第三十一段 雪が降った朝のこと 第三十二段 月夜にあった人 第三十三段 有職ということ 第三十五段 文字がへたでも 第三十六段 恋人からの手紙 第三十七段 いつもとちがう人 第三十八段 名誉やお金もうけに気をとられてはいけない 第三十九段 法然上人 第四十段 へんな娘 第四十一段 木の上で眠る坊主 第四十三段 気にかかった青年 第四十五段 堀池の僧正 第四十六段 強盗法印 第五十段 鬼が出た 第五十二段 石清水八幡宮 第五十三段 ウケをねらって…… 第五十四段 趣向をこらしすぎると…… 他 方丈記 川の流れはいつも新しい水にかわっている 焼きつくした安元の大火 治承のつむじ風のおそろしさ 遷都がもたらした変化 養和の飢饉のすさまじさ もっともおそろしいのは地震 人はどこに、どう住めばいいか わたしが僧になるまで わたしがむすんだ庵のこと 庵暮らしの楽しさ 庵で思うこと

書店在庫を見る

オンライン書店

既刊一覧

もっと見る

関連シリーズ

もっと見る