『どまんなか (2)』

著:須藤 靖貴

0 件
発売日 2010/06/11
価格 定価:本体950円(税別)
ISBN-13 9784062694339
判型 四六
ページ数 226ページ

レブンもミスターも、3年になった。アーリーワークとゴキゲン定食に、岩殿観音石段往復が加わって、力がグンとついてきた。目標はただひとつ、甲子園初出場だ! ……ところが、大代台ナインを、続々と大ピンチが襲う! スタンドで由紀が見ている! 春季大会を勝ち進み、初の関東大会出場を果たすも、緒戦敗退。そして……、帰路のバスで、ゴキゲン監督は突如辞任を発表することに!


活字力全開(フルパワー)の人気シリーズ
待ってろ、甲子園!直球勝負の高校野球ストーリー
男なら、野球も恋も、どまんなか!

レブンもミスターも、3年になった。アーリーワークとゴキゲン定食に、岩殿観音石段往復が加わって、力がグンとついてきた。目標はただひとつ、甲子園初出場だ!

●大代台高野球部とは?
去年までは県大会1回戦敗退チームだった。ゴキゲン監督の「猛ミーティング」がユニーク。エースの球はとびっきり速いが、乾燥肌という弱点が。4番サード・ミスターは床屋の娘の由樹ちゃんに憧れている(あ!じつはエースも……)。

1 だれのためにプレーしたか 2 見取り稽古 3 白球を抱かず眠れ 4 下宿はチェンジアップ 5 朝日が微笑む 6 岩殿観音まで 7 学割の丸刈り 8 かゆみと痛み 9 自分一人ではなく 10 一勝一敗 11 大代台打線大爆発 12 代表ということ 13 あなたに、ここにいてほしい

書店在庫を見る

オンライン書店

既刊一覧

関連シリーズ