【1分で読める】高層建築に必要な振動の研究をしたソフィ゠ジェルマン

『決定版 夢をそだてる 科学の伝記120人』1話(ソフィ゠ジェルマン)試し読み

絵:くまあやこ
日本で一番高い建物は、634メートルの「東京スカイツリー」です。
それでは、世界で最も高い建物とされるドバイの「ブルジュ・ハリファ」の高さは何メートルでしょうか。

正解は、828メートル。

近年続々と建てられている高層建築物ですが、なぜ安心安全に、高い建物を建てることが可能なのでしょうか。

そんな高層建築に必要な振動の研究をした人がいました。彼女の名は「ソフィ゠ジェルマン」。

シリーズ累計74万部を超える、ロングベストセラーを全面改訂した、最新の科学伝記『決定版 夢をそだてる 科学の伝記120人』監修:小山慶太(講談社)から、ソフィ゠ジェルマンの生涯を紹介します。

ソフィ゠ジェルマン

「おままごとよりも計算のほうが楽しい!」

1776年、フランスのパリでうまれたソフィ゠ジェルマンは、いっぷうかわった子どもでした。当時、女の子はおしゃれやお人形にむちゅうになるのがふつうだったのに、算数の本ばかり読んでいたからです。

心配した両親は「勉強禁止」をいいわたしました。それでも、ソフィはストーブをとりあげられた寒い部屋で、夜中にこっそり算数の問題をときつづけました。

ソフィが18さいのとき、パリ近郊に理工科の学校ができますが、女性は入学できませんでした。ソフィは講義ノートを手に入れ、男性の名前で論文を書き、有名な教授と文通をしながら、ひとりで研究をつづけました。

ある日、こんなすぐれた論文を書いた人物にひとめ会いたいと、教授のひとりが家をたずねてきました。ところが、書いたのがわかい女性のソフィだとわかると、

「ありえない!」

といって帰ってしまい、その人は二度と手紙をくれませんでした。それでも、ソフィは数学者になる夢をあきらめませんでした。

当時、だれも証明できなかった「フェルマーの最終定理」という命題がありました。ソフィはこの定理に法則を見出したことで、歴史に名をのこすことになります。

また、物体に力がくわわると形がかわり、力をとりのぞくともとの形にもどることを数式化した「弾性理論」を確立しました。

数学者ガウスをはじめ、ソフィの才能をみとめてくれる人もいましたが、女性であるがゆえに、多くの差別も受けました。

1889年にたてられたフランスのシンボル、エッフェル塔にきざまれた「いだいなフランスの科学者」のリストに、ソフィの名はありません。けれども、この高く美しい塔をたてるのには、材料となる金属の弾性を知る必要があり、それにはソフィの弾性理論がいかされているのです。

文:小松原宏子

(この記事は『決定版 夢をそだてる 科学の伝記120人』をもとに構成しました)
『決定版 夢をそだてる 科学の伝記120人』監修:小山慶太(講談社) 
子どもの夢をそだてる、科学の発明・発見物語がいっぱい! 大人気ロングセラーシリーズを全面改訂。

野口英世、ダーウィン、ニュートン、アインシュタインなど、知っておきたい科学者のほかに、レイチェル゠カーソン、メアリー゠アニング、荻野吟子など、女性科学者もたっぷり収録。さらには、山崎直子氏、山極寿一氏、石黒浩氏、茂木健一郎氏へのインタビューも収録。今だからこそ知りたい、120人の発明・発見物語!

知識を豊かにし、心を育てる101の物語
●当時の発見、発明が現代の子どもたちの生活にどうつながっているのかを、わかりやすく紹介しています。
●現代の一流作家・画家による質の高い文章と絵で構成。子どもたちの豊かな感性を育みます。
●業績をコンパクトにまとめたコラムつき。写真資料も豊富で、必要な知識が身につきます。
●理科、社会などの教科書にとりあげられた人物を中心に掲載しています。

【主な収録人物】
野口英世/ダーウィン/レイチェル゠カーソン/ファーブル/ノーベル/メアリー゠アニング/ライト兄弟/コロンブス/マリー゠キュリー/ニュートン/豊田佐吉/伊能忠敬/牧野富太郎/キャサリン゠ジョンソン/グーテンベルク/平賀源内/ベル/ファラデー/アインシュタイン/湯川秀樹/コペルニクス/ガガーリン/杉田玄白/ガリレオ/前野良沢/ソフィ゠ジェルマン/ワット/マゼラン/マルコーニ/フーコー/荻野吟子/北里柴三郎/アームストロング/中谷宇吉郎/エジソン/アムンゼン ほか

幼児図書編集部

絵本をつくっている編集部です。コクリコでは、新刊の紹介や作家さんのインタビュー、イベントのご案内など、たのしい情報をおとどけします! ...