かおりんごむしのほっこり“ふりかえり”絵日記#102「オニ」

息子&娘さんの出産から“ふりかえる”ほのぼの絵日記漫画

イラストレーター:かおりんごむし

小学生高学年の息子さんと低学年の娘さん、旦那さんと暮らす、かおりんごむしさん。

フォロワー10万人を超えるインスタグラムでは、「癒やされる~」と大人気の日常のファミリーのおはなしや、かおりんごむしさんが幸せと感じることなどが、ひとこま漫画で描かれています。

「1日1日大切に過ごしたい」という、かおりんごむしさんの息子さん「さとしくん」と、娘さん「まりちゃん」が、生まれたときからのことを振り返る「ほっこり“ふりかえり”絵日記」です。

#201 オニ①

夫が出張が多いため、どうしても多くなる一人子育て時間。。。 自分しか注意する大人がいないので、じぶんばかりが怒ったりイライラしたり情けなくて悲しい気持ちになることが多くなっていました。

そんなとき、ママ友に教えてもらった鬼のアプリ。やけにリアルな鬼がスマホの画面に現れ「こら〜」と怒ってくれます。子どもたちはびっくりしてけんかをやめました。効果はありましたが、子どもたちに申し訳ない気持ちもあって(あまりにも鬼の顔が怖い笑)どうしても自分がしんどいときだけ、助けてもらうことにしました。

不思議とそんなふうに決めただけで、心が軽くなりました。頼れるものには上手に頼れるようになりたいですね。

#202 オニ②

毎年保育園には節分のとき、鬼がやってきます(先生毎年ご苦労様です、ありがとうございます)。今年は息子もしっかり鬼の豆を投げられていたようで、頼もしくなったなぁと思っていました(娘はやっぱりずっと泣いていました)。

家では毎年、保育園で作った鬼のお面を使って豆まきをします。家では張り切って鬼役の子どもたち。小さくてかわいい鬼たちです。

毎年の行事、ちょっとめんどくさかったり、億劫になることもありますが、毎年の成長が見られて「やってよかったー!」と思うことが多いです。

かおりんごむしのほっこりふりかえり絵日記が単行本化!


著者がどんなふうにこんなあたたかい家庭を築いたのか、著者自身はどんな家庭に育ったのか、単行本限定の特別描きおろしも収録!

「ちょっと後になってから思うと、あの1日1日がいとおしい……」


そんな、かおりんごむしさんの“ふりかえり”育児のおはなしをお届けしたいと思います。

毎週火曜日更新です。お楽しみに。
▼ 次のエピソード
かおりんごむし

かおりんごむし

イラストレーター

京都在住のイラストレーター。小学生高学年の息子と低学年の娘と幼馴染みの旦那と4人暮らし。日々のほっこり&わたしの小さなしあわせ...

げんきへんしゅうぶ

げんき編集部

幼児雑誌「げんき」「NHKのおかあさんといっしょ」「いないいないばあっ!」と、幼児向けの絵本を刊行している講談社げんき編集部のサイトで...