コムとセコム~猫と息子の成長日記~ #7「クリスマスの4つの楽しみ」

Instagramで約13万人が見守る 先住猫のコムちゃんと息子のセコムくんのおはなし

太田 メグ

小学生の息子セコムくん(通称)と、愛猫コムタン、旦那さんと暮らす、太田メグさん。フォロワー約13万人のInstagramでは、#コムとセコム #komutancat などのハッシュタグで、猫と子どもが共に暮らし、成長していく日々を愛らしい写真・動画とともに投稿されています。

コムタンが一緒に子育てに参加してくれたことで、たくさんの嬉しいことや発見があったという太田さんに、コムタンとの出会いから、セコムくんの出産、大きくなるまでの日々をさまざまなテーマから振り返っていただきました。

コムとセコムのクリスマス

我が家のクリスマスといえば「クリスマスツリー」「クリスマスケーキ」「ペーシー」「プレゼント」という4つのお楽しみがあります。

ツリーはたっぷり豊かな印象がある大きなものに憧れていて、引っ越しを機に思い切って大きいものを飾ることにしました。オーナメントはアンティークの飾りを少しずつ集めました。一番のお気に入りは天使のオーナメント!いつも一番上に飾ります。セコムがガラスのオーナメントを壊してしまって悲しい気持ちになったこともありました。
ちなみに、いつもコムタン専用ソファの横にツリーを設置。前回ご紹介した動画のように、ちょうど尻尾でオーナメントを叩けるような距離に飾られています。

クリスマスケーキも一緒に

クリスマスケーキも楽しみの一つで、セコムは2歳のクリスマスからずっとコムタンと一緒に並んでケーキを楽しんできました。といっても、コムタンは人間用のケーキは食べられないので、ケーキを前にネコ用の美味しいものを食べます。
我が家では、クリスマスケーキもお誕生日と同じように、ケーキにロウソクを立て、火をつけて、ジングルベルを歌って、ふーっと吹き消す!というのが定番のやり方。この年は「ヘイ!ヘイ!」の部分を強調して歌っていました。また、2歳のセコムは、私がコーヒーを淹れに席を立ったすきに、コムタンのお皿にこっそりケーキを乗せてあげていた!(その後、すぐに取り戻す)という出来事もありました。

エルフのペーシーについて

我が家のクリスマスには「ペーシー」という仲間がいます。

サンタさんの助手のようなエルフです。このエルフにはルールがいくつかあり、まずはその家の子どもがエルフにその子だけの名前をつけてあげること。そして触ると魔法が解けてしまうので絶対に触ってはいけないということ! 実は、このエルフは子どもたちが良い子にしているのか?をクリスマス当日まで毎日サンタさんの元からチェックしに来ているのです。なので、夜サンタさんのところへ帰り、朝に家に戻ってきたエルフを、子どもたちが起きて毎朝一番に探す!という楽しみがあります。
セコムは最初にやってきた年にこのエルフに「ペーシー」と名付けました。

そこからクリスマスの2週間前あたりになると我が家にやってくるようになりました。毎年、あんなところや、こんなところ、いろんな場所にペーシーが戻ってきてくれるのを、楽しみに過ごしています。
✏︎ コムちゃんとセコムくんは、今年はどんなクリスマスを過ごすのでしょうか? 次回もかわいい2人をおたのしみに!
コムタンとセコムくんの現在の日々をInstagramで発信中!
小学生になったセコムくんとコムタンの日々は、太田さんのInstagramで日々発信されています。かわいい写真や動画、あたたかな文章に、ほっこり癒やされてみてはいかがでしょうか。
おおた めぐ

太田 メグ

Megu Ohta
Cat’s ISSUE 主宰、ディレクター

2013年にネコ好きクリエイターと共に、ネコへの偏愛を発信するプロジェクト「Cat’s ISSUE」を発足。以後、アパレルおよび雑貨の...

げんきへんしゅうぶ

げんき編集部

幼児雑誌「げんき」「NHKのおかあさんといっしょ」「いないいないばあっ!」と、幼児向けの絵本を刊行している講談社げんき編集部のサイトで...