6月1日 東京の崩れる日 ウルトラマンタロウが巨大アリ怪獣に大技連発

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 6月1日(1973年)

テレビマガジン編集部

巨大アリの大群が一体化して怪獣に!

トシオが捕獲したアリも、同様に脱走していた。巨大アリがビル崩落の犯人だと確信したふたりは、アリの大群が近くのビルに潜んでいると考え、新築されたアケボノビルを調べる。

すると予想通り、壁の奥から何かをかじるような音が聞こえてきた。健一たちは、ビルの完成式典をしている大人たちに危険だと訴えるが、誰も話を聞こうとしない。

健一は光太郎に連絡。ZATがやってきたことで、人々はようやく避難をはじめた。すると、アリの大群がアケボノビルから飛び出して空を舞うと、ビルは崩落した。アリの大群は別のビルに侵入。ZATは殺虫剤や殺虫ガス、熱湯や火炎放射でアリを撃退しようとするが、効き目がない。

一度スカイホエールへ退却したZATは、アリが仲間に危険をしらせるために使う蟻酸を空中から撒いておびき出し、一気に焼き殺す作戦に出る。

しかし、その作戦は裏目に出てしまった。焼かれたアリは結合し、アリンドウという怪獣に変貌してしまったのだ。光太郎はビルの屋上からアリンドウを攻撃。アリンドウの触角にしがみつき、攻撃を加えた後に再びビルに飛び移ろうとするが、失敗して落下してしまう。しかし、真っ逆さまに落ちながら光太郎はウルトラマンタロウに変身した。
ウルトラマンタロウの必殺技ファイヤーダッシュ。熱エネルギーが体からほとばしる  ©円谷プロ
タロウは必殺のストリウム光線を放つが、アリンドウには効かない。格闘戦に持ち込むも、つかんだ触覚からは電撃を受け、離れては口から溶解液や炎を吐かれて苦戦する。

しかしタロウは大技を連発。ウルトラシャワーで液体を浴びせ、ファイヤーダッシュでアリンドウの体を爆破したのだった。

大羽蟻怪獣 アリンドウ

アリンドウは体が頑丈で力が強く、口から火炎や蟻酸が変化した溶解液を吐く  ©円谷プロ
【ウルトラ怪獣事典】
大羽蟻怪獣 アリンドウ

身長/62メートル  
体重/3万9000トン

新建材の火災で発生するPG500というガス物質により、突然変異をおこした無数のアリがZATの火炎放射によって一体化してしまい、怪獣となった姿。ストリウム光線を全く受け付けないほどの高い防御力を持つ。

登場エピソード:『ウルトラマンタロウ』第9話「東京の崩れる日」(1973年6月1日放送)
脚本:石堂淑朗/特殊技術:山本正孝/監督:岡村 精

今回紹介したエピソードはウルトラサブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」で配信中。ウルトラマンシリーズが見放題になる動画配信サービスです。
TSUBURAYA IMAGINATION
『ウルトラギャラクシーファイト 運命の衝突』『ウルトラファイトクラブ』『続・ウルトラファイト』国内独占配信中!!

6月1日は突然変異を起こしたアリがビルを食べて崩落させた日

6月1日は突然変異を起こして炎を吐き、ビルを食べるアリの大群がZATの攻撃によって一体化、怪獣になったエピソードの日。父の無実を信じる少年たちの活躍によって謎のビル崩落事件は解決し、設計や工事の不備ではないことが分かったのでした。
※この記事は『ULTRAMAN ウルトラマン&怪獣手帳 今日もウルトラ怪獣日和 2022』をもとに構成しています。
©円谷プロ

テレビマガジン ウルトラマンシリーズの最新刊

『復刻版テレビマガジンデラックス 決定版 ウルトラマンタロウ超百科』定価:1650円(本体1500円)
1991年刊行の完全復刻版。タロウの能力や秘密、怪獣や宇宙人、宇宙科学警備隊ZATのすべてがぎっしり詰まった決定版です。
27 件

テレビマガジン編集部

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンX(旧Twitter...