放送55周年 『ウルトラセブン』地球を狙う宇宙人たちの魅力とは

『ウルトラセブン』55周年スタート 特別記事

テレビマガジン編集部

1967年10月1日に、円谷プロとTBS製作の「空想特撮シリーズ」第3弾として放送が始まった『ウルトラセブン』。

ウルトラアイを着眼してウルトラセブンに変身するモロボシ・ダンにはもちろん、日本じゅうの子どもたちがウルトラ警備隊の一員になりたい、とあこがれる社会現象を巻き起こした伝説の作品だ。今にいたるまで、その人気は冷めやらない。

その人気のひみつにせまる『ウルトラセブン』考察シリーズ、今回は「侵略者=宇宙人の魅力」!
第1話に登場のクール星人は人類を「昆虫みたいなものだ」と嗤うが、自分もダニをモチーフとするデザイン。  ©円谷プロ

『ウルトラセブン』の宇宙人が主張するものとは?

『ウルトラセブン』の主な敵役は、言わずと知れた宇宙人たちです。

『ウルトラマン』においてバルタン星人やザラブ星人、ダダ、メフィラス星人などのすばらしい宇宙人キャラクターを生み出している円谷プロダクションでしたが、怪獣がメインの敵である『ウルトラマン』に登場する宇宙人ですから、彼らはどこか、怪獣のニュアンスもまとっていました。

そこで、記念すべき『ウルトラセブン』の第1話において、脚本の金城哲夫はウルトラセブンの格闘を排除するという奇策に出ます。円盤との対戦はカプセル怪獣のウインダムに任せ、セブンは操演で動く非人間型のクール星人をアイスラッガーの一撃で粉砕するだけなのです。

それは、ウルトラセブンが「強い」ということを示すのと同時に、クール星人のフォルムも含めて、新シリーズである『ウルトラセブン』が『ウルトラマン』とはまた一味違うSFドラマであるということを主張していたのです。
セブン初の、ワイアール星人との巨大戦。箱根付近の山で展開された。ちなみに植物生命体なので、「葉緑素」の「YOU」と「RYOKU」の頭文字からワイアールの名がつけられた。  ©️円谷プロ

初期エピソードでの宇宙人の活躍を探る

第2話で初めて、ウルトラセブンはワイアール星人との巨大戦を繰り広げます。この物語のクライマックスが、巨大化したセブンの格闘にあることは間違いありませんが、主題は宇宙人が人間と入れ替わるボディスナッチの恐怖であり、欧米の1950年代のSF映画を彷彿とさせる人間同士による不信のドラマが展開されています。

続く第3話では、本格的な宇宙怪獣、エレキングが登場します。しかし、ここで物語を回すのは小悪魔的な少女の姿になるピット星人で、主題は人を惑わす宇宙人。エレキングは、生物兵器の扱いにすぎません。そのインパクトから人気を得ることになりますが、エレキングはあくまでも尖兵という役回りであることが徹底されています。

そして、第4話のゴドラ星人は、セブンとスピーディな巨大戦を見せてくれます。しかし、ゴドラ星人は多数存在し、終盤では奪われたマックス号の中で人間大のゴドラ星人が複数体、セブンに次々と一撃で粉砕されていきます。
第33話に登場のシャドウマン。謎の宇宙人に操られる死体の霊魂で、地球防衛軍のマイクロフィルムを狙う。小さくされたセブンが伏せられたコップの中から脱出できない、悪夢のようなシーン。  ©️円谷プロ

『ウルトラセブン』の宇宙人は格闘戦が嫌い?

以降も、『ウルトラセブン』の宇宙人は巨大化することはあっても、激しいバトルを繰り広げるものは少なく、特に金城哲夫の脚本によるキュラソ星人やメトロン星人は、戦闘行為をほぼ行っておらず、印象的な強敵は、頑丈さや怪力などを誇るメカ、ナースやキングジョーということになります。

この1クール少々の展開により、ウルトラセブンが戦う宇宙人は、肉弾戦よりも知略という印象が強くなり、物語もその知略を巡る攻防というラインが定着しました。

第2クールにおいてもその傾向は継続し、ベル星人やバド星人のように格闘戦で立ち回る宇宙人もいますが、作品全体を俯瞰すると、宇宙人の計略は物語展開とうまく融合している感が強く、ガンダーやギエロン星獣といった人気(を得ることになる)怪獣が登場する展開になった場合も、格闘の印象が極端に突出しない構造をエピソード自体がもつに至ったとしか思えません。

傑作エピソードでさまざまな在り様を見せる宇宙人たち

ウルトラセブンとクレージーゴンとの戦い。クレージーゴンはエメリウム光線もアイスラッガーも効かない強敵だった。  ©️円谷プロ PHOTO/講談社
格闘が行われても、あえてキャラクター色を突出させない。それは、テーマ性を大いに重視する姿勢であり、SFというニュアンスを押し出すうえでも極めて高度なテクニックです。

それが可能となったのは、登場する宇宙人に確かな魅力があったからにほかなりません。それがなくては、踏み切れない方法論です。彼らの形状が個性的であることはもちろん、その存在感に優れた点が多々あればこそ、ドラマの印象がダレることもなく、視聴者に存在感がアピールされているのです。

これは、ほかに例を見ない稀な状況といえ、『ウルトラセブン』に特有のことかもしれません。

この状況があればこそ、ほぼアクションを排した上原正三の脚本による「侵略する死者たち」や、市川森一の脚本による人間ドラマ、「盗まれたウルトラ・アイ」といった物語に傾斜したエピソードが可能となり、その反面で第4クールの導入にあたる飯島敏宏監督が手掛けた3作、娯楽編を徹底した「勇気ある戦い」と「セブン暗殺計画 前後編」が、極めて映えることにもつながるのです。

このように、『ウルトラセブン』に登場する宇宙人たちには、皆個性的なのに物語に見事に融合し、しかもでしゃばることがないという共通する特性があります。キャラクターのみが突出しない、かなり稀有な在り方といえるでしょう。

●関連記事

『テレビマガジン特別編集スペシャル ウルトラセブン パーフェクトファイル』価格(電子版):1320円(税込)
ウルトラセブンから平成版ウルトラセブン、ULTRASEVEN X まで完全収録の決定版を電子復刻! 「ウルトラセブン」がより詳しくわかる1冊です。
ウルトラサブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」は『ウルトラセブン』をはじめ、ウルトラマンシリーズが見放題になる動画配信サービスです。

テレビマガジン編集部

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンX(旧Twitter...