3月30日 ウルトラマンA最終回 世界に届けエースの願い!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 3月30日(1973年)

テレビマガジン編集部

『ウルトラQ』『ウルトラマン』の放送が開始され、ウルトラ怪獣が登場した1966年以来、半世紀以上にわたって脈々と続くウルトラマンシリーズ。作品ごとに子どもたちは、現実とフィクションとを一体に感じ、日々、ウルトラヒーローや怪獣たちに夢中になっていた。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「3月30日」(1973年)。

ジャンボキングと戦うウルトラマンA   ©円谷プロ PHOTO/講談社

1972年4月7日より放送が開始された『ウルトラマンA(エース)』は、怪獣を超える怪獣である「超獣」を送りこむ異次元人ヤプールと戦うため、超獣攻撃隊TAC(タック)の隊員となった北斗星司と南 夕子がウルトラタッチでウルトラマンAに変身。バーチカルギロチンをはじめとした多彩な切断技などを駆使して超獣を次々と撃破していく。

かつてヤプールに母星を滅ぼされたサイモン星人の子どもを保護したTAC。そこに、ヤプールの残党がジャンボキングを出現させる。しかし、すべてはヤプールの卑劣な罠だった。ウルトラマンA最後の戦いがはじまる!
「ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

宇宙人の子どもを保護した北斗たち

1973年3月30日は、『ウルトラマンA』第52話「明日のエースは君だ!」が放送された日。正体不明の円盤と、それを追うもう1機の円盤が飛来した。追われる円盤は撃墜され、現場に向かったTACはかつてヤプールに母星を滅亡させられたサイモン星人の子どもを発見。

サイモン星人の子どもはウルトラマンごっこをする少年たちにいじめられていた。北斗はいじめている少年たちに「ウルトラ兄弟は弱いものいじめはしない。何もしない宇宙人の子どもを訳もなくいじめたりはしない」と叱る。

サイモン星人の子どもを保護し、帰還するTAC。しかし、突然ヤプールの残党の声が響き、以前Aに倒された4体の超獣・超人の怨念を合体させてジャンボキングを作り出した。北斗はサイモン星人の子どもを逃がすが足を負傷してしまう。そこにサイモン星人の子どもをいじめていた少年たちが現れ、北斗たちを自分たちの秘密基地に案内した。

少年のうちのひとりは医者の息子で、秘密基地の救急箱で北斗に応急手当をする。北斗は、宇宙人の名前はサイモンだと教え、少年たちはサイモンに謝罪。仲直りをした。

すると、秘密基地の無線がヤプールの声をひろう。ヤプールはサイモンを引き渡すよう要求してきた。少年たちはサイモンを渡さなければ街を破壊するというヤプールの脅しに屈せず、サイモンをかくまうことにする。

北斗が出かけようとすると、サイモンは負傷していた北斗の足に光線を浴びせ、動けないようにした。少年は、サイモンは北斗を心配して、ここにいてほしいと思っているのだと言うが……。
次のページへ北斗が信念の変身!
24 件