3月29日 カラータイマーを奪ったドロボンにタロウとジャックが大ピンチ!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 3月29日(1974年)

テレビマガジン編集部

『ウルトラQ』『ウルトラマン』の放送が開始され、ウルトラ怪獣が登場した1966年以来、半世紀以上にわたって脈々と続くウルトラマンシリーズ。作品ごとに子どもたちは、現実とフィクションとを一体に感じ、日々、ウルトラヒーローや怪獣たちに夢中になっていた。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「3月29日」(1974年)。

カラータイマーを奪ってパワーアップしたドロボンと戦うウルトラマンタロウ   ©円谷プロ

1973年4月6日より放送が開始された『ウルトラマンタロウ』。ウルトラの父とウルトラの母の実子であるウルトラマンタロウは、宇宙科学警備隊ZAT(ザット)の隊員である東 光太郎と一体化し怪獣や宇宙人と戦う。

前話、第51話『ウルトラの父と花嫁が来た!』で新たにZATに配属された二谷一美副隊長。若手に負けまいと奮闘するが、タロウを狙ってやってきたドロボンに人質にされてしまう。
「ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

ドロボンがウルトラマンジャックを撃退して地球に飛来

1974年3月29日は『ウルトラマンタロウ』第52話「ウルトラの命を盗め!」が放送された日です。『帰ってきたウルトラマン』で活躍したウルトラマンジャックの追撃を振り切って、地球にやってきたドロボンはウルトラマンタロウを探しはじめた。

街に現れたドロボンを撃退するために出撃したZATであったが、大型戦闘機スカイホエールが棍棒による攻撃を受けて墜落。さらに、二谷副隊長が搭乗する戦闘機スーパースワローがドロボンに捕らえられてしまった。

スカイホエールから脱出した隊員たちは地上戦に移行するも苦戦し、光太郎はウルトラマンタロウに変身。しかし、ドロボンは二谷副隊長を人質にし、タロウを一方的に痛めつける。手が出せないタロウは、体勢を立て直すために一度離脱した。そして変身解除した光太郎は傷つきボロボロになった郷 秀樹と出会い、ドロボンの企みを知る。
次のページへドロボンがウルトラマンの力をもつ!
26 件