4月7日 ウルトラマンAの力を得た北斗と南の戦いがはじまる!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 4月7日(1972年)

テレビマガジン編集部

ウルトラヒーローの中でも多彩な技をもつ戦士、ウルトラマンA(エース)が登場して今年、2022年で50周年を迎える。北斗と南のふたりが、くるっと回転しながら空中で交差し、ウルトラタッチでひとりのウルトラマンAに変身する。かつてないウルトラマンへの変身シーンに、衝撃を受けたファンも多いのではないだろうか。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「4月7日」(1972年)。宇宙のエースが初登場!

ベロクロンと戦うウルトラマンA   ©円谷プロ PHOTO/講談社

今から50年前の1972年4月7日より放送が開始された『ウルトラマンA』は、怪獣を超える怪獣である「超獣」を送りこむ異次元人ヤプールと戦うため、超獣攻撃隊TAC(タック)の隊員となった北斗星司と南 夕子がウルトラタッチでウルトラマンAに変身。必殺のメタリウム光線や、バーチカルギロチンをはじめとした多彩な切断技などを駆使して超獣を次々と撃破していく。

地球を侵略しようとする異次元人ヤプールによって超獣・ベロクロンが現れた。ベロクロンの攻撃で命を落とした北斗星司と南 夕子は、ウルトラマンAから「大いなる力」を受け取る。
「ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

異次元人ヤプールが地球侵略を開始!

1972年4月7日は『ウルトラマンA』第1話「輝け!ウルトラ五兄弟」が放送された日です。近代工業都市として発展が期待される広島県福山市にベロクロンが出現。街は火の海になり、出撃した防衛軍は全滅してしまう。パンの配送をしていた青年・北斗星司もその場に居合わせ、ベロクロンの攻撃を受ける。子どもたちのもとに運ぶ予定であったパンは黒焦げになってしまった。

一方、看護師の南 夕子は車椅子の少女を逃がそうとするも、瓦礫で道をふさがれてしまう。それに気づいた北斗は南に手助けすると、なおも迫るベロクロンに停車していたタンクローリーに乗り込んで突撃。しかし、ベロクロンを倒すことはできず、爆発に巻き込まれ南も命を落としてしまう。

しかし、ふたりはゾフィー、ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンジャック、そして5番目のウルトラ兄弟であるウルトラマンAに助けられた。新たな命と、「銀河連邦の一員である証」のウルトラリングを授けられた北斗と南は、地球を守る決意をし、全滅した防衛軍に代わって新たに組織されたTAC(Terrible-monster Attacking Crew)に入隊する。
次のページへウルトラマンAに合体変身!
29 件