4月15日 ウルトラマンメビウスと「俺達の翼」ガンフェニックスでグドンを撃破!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 4月15日(2006年)

テレビマガジン編集部

『ウルトラQ』『ウルトラマン』の放送が開始され、ウルトラ怪獣が登場した1966年以来、半世紀以上にわたって脈々と続くウルトラマンシリーズ。作品ごとに子どもたちは、現実とフィクションとを一体に感じ、日々、ウルトラヒーローや怪獣たちに夢中になっていた。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「4月15日」(2006年)。

GUYS日本支部基地 フェニックスネストに格納されるGUYSガンフェニックス  ©円谷プロ PHOTO/講談社

2006年4月8日より放送が開始された『ウルトラマンメビウス』は、宇宙警備隊のルーキーであるウルトラマンメビウスが、ヒビノ ミライとして防衛チーム・CREW GUYS(クルー ガイズ)に入隊。地球を狙う怪獣や宇宙人と戦う。

『ウルトラQ』から『ウルトラマン80』までの昭和に放送されたウルトラマンシリーズと、物語が直接的につながっているのも特徴だ。前作『ウルトラマンマックス』で行われた人気怪獣の再登場に加えて、歴代ウルトラヒーローも登場。ウルトラヒーローに変身する人物もオリジナルキャストが出演している。


ウルトラマン80が地球を去り、25年の間、怪獣が出現しない平和な時が流れた地球。そこに、宇宙から新たな脅威が出現した。地球防衛のため、M78星雲・光の国のウルトラの父は、宇宙警備隊のルーキーであるウルトラマンメビウスを地球に派遣。メビウスは青年・ヒビノ ミライとして地球に降り立ち、25年ぶりに出現した怪獣 ディノゾールを撃破する。メビウスとGUYSの戦いの物語が、ここにはじまったのだった。
「ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

仲間を集めるミライ

2006年4月15日は『ウルトラマンメビウス』第2話「俺達の翼」が放送された日です。第1話「運命の出逢い」で宇宙怪獣ディノゾールの襲撃により、アイハラ リュウ隊員を除いて全滅してしまったGUYS(Guards for UtilitY Situation=あらゆる状況に対応する防衛隊)の実動部隊、GREW GUYSにミライが入隊した。

ミライは、ディノゾール襲撃の際に、自分とともに保育園に取り残されたウサギを救ったイカルガ ジョージ、カザマ マリナ、クゼ テッペイ、アマガイ コノミをGUYSにスカウトするが、彼らには夢や目標があって断られてしまう。

それでも、ミライは彼らをGUYSのクルーに相応しい人間だと考えていた。一方、リュウはディノゾールに戦闘機で体当たりしたセリザワ隊長から受けた「他人の力を頼りにしないこと。そのために必要な炎は、心のどこかでずっと燃やし続けなければならない」という言葉を実践するため、新たに配備された新型戦闘機・GUYSガンフェニックスにファイヤーシンボルのペイントを描こうとしていた。

それを見たミライは、せめてペイントだけでも手伝ってくれないかとジョージたちに頼み、彼らを連れてくる。突然やってきたジョージたちに反発するリュウ。ジョージたちもリュウの態度に不快感を覚えるが、「GUYSをウルトラマンの力に頼らず、自分たちの力で地球を守れるチームにしたい」という心意気に賛同し、ペイントを手伝うことになる。
次のページへメンバー不足のGUYSの前にグドンが出現する!
24 件