2月23日 ウルトラマンコスモス 海を汚す人間に海底から巨人が出現!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 2月23日(2002年)

テレビマガジン編集部

『ウルトラQ』『ウルトラマン』の放送が開始され、ウルトラ怪獣が登場した1966年以来、半世紀以上にわたって脈々と続くウルトラマンシリーズ。作品ごとに子どもたちは、現実とフィクションとを一体に感じ、日々、ウルトラヒーローや怪獣たちに夢中になっていた。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「2月23日」(2002年)。

レイキュラを止めようとするウルトラマンコスモス  ©円谷プロ PHOTO/講談社

2001年7月7日より放送が開始された『ウルトラマンコスモス』。心優しき青年・春野ムサシは、怪獣をむやみに殺さず保護するという目標を掲げるチームEYES(アイズ)に入隊。ムサシは子どもの頃に出会ったウルトラマンコスモスと再会し、一心同体となって怪獣と人間の共存という理想のために戦う。

地震の影響で新たに巨大遺跡が発見され、さらに海底で巨大な石像が確認される。その石像は、古代文明の環境保全装置だった。
「ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

謎の古代遺跡が発見される

2002年2月23日は、『ウルトラマンコスモス』第34話「海神の怒り」が放送された日。頻発する地震の影響で、今までに確認されていなかった古代遺跡が音笛海岸で発見される。遺跡の研究チームには、ドイガキ コウジ隊員の大学時代の友人である吉井ユカリも参加していた。

ユカリは遺跡で発掘した貝から不思議な音を聞くが、その音は他の人間には聞こえないらしい。偶然、休暇で釣りに来ていたドイガキはユカリと再会し、研究を手伝うようお願いされる。

一方、音笛海岸付近の海底の調査を行っていたチームEYESは、巨大な謎の石像を発見する。翌日、ムサシは貝の研究の手伝いをするドイガキについて行くことになり、ユカリのいる城南大学に向かった。

すると、ふたりを見つけたユカリが大慌てで走ってくる。遺跡で発掘された石板を解読していたところ、「海の番人」「復活」「焼き払う」「滅亡」といった不穏なワードが出てきたのだ。さらに、石板に刻まれた石像らしき絵柄から、ムサシは前日に発見した石像とこの石板が同じ文明のものだと考えた。

その後、ドイガキによって石板の解読が完了。そこには、こう記されていた。

「美しき海 汚されし時 偉大なる 海の番人 復活を 遂げん かの神 怒りもて 海を汚せし者を 焼き払い 滅亡へと 追い込まん」
次のページへ海の番人が復活!
22 件