3月31日 最終回 メビウスフェニックスブレイブとゾフィーがエンペラ星人を倒す!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 3月31日(2007年)

テレビマガジン編集部

『ウルトラQ』『ウルトラマン』の放送が開始され、ウルトラ怪獣が登場した1966年以来、半世紀以上にわたって脈々と続くウルトラマンシリーズ。作品ごとに子どもたちは、現実とフィクションとを一体に感じ、日々、ウルトラヒーローや怪獣たちに夢中になっていた。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「3月31日」(2007年)。

エンペラ星人に光線を繰り出そうとするウルトラマンメビウス メビウスフェニックスブレイブ(左)とゾフィー(右)  ©円谷プロ PHOTO/講談社

2006年4月8日より放送が開始された『ウルトラマンメビウス』は、宇宙警備隊のルーキーであるウルトラマンメビウスが、ヒビノ ミライとして防衛チーム・CREW GUYS(クルー ガイズ)に入隊。地球を狙う怪獣や宇宙人と戦ってきた。

かつて光の国を襲撃した、ウルトラ戦士たちの宿敵・エンペラ星人がついに行動を開始した。メビウスが以前、ウルトラマンタロウとともに戦って辛勝した無双鉄神 インペライザーが13体も送り込まれ、メビウスは連戦により瀕死の状態に陥ってしまう。さらに、エンペラ星人は人類に対し、メビウスを追放して引き渡すよう迫る。

しかし、人々は結束してメビウスを応援。その声を受けたメビウスは立ち上がり、インペライザーを撃破した。だが、敵は次々と現れる。そこに、かつてメビウスやウルトラマンヒカリと戦った宇宙剣豪 ザムシャーをはじめとした宇宙人の仲間たちが集合。GUYSジャパンの基地・フェニックスネストを守るためにインペライザーと戦う。

そんな中、ついにエンペラ星人自らが地球に出現。変身アイテム・メビウスブレスが消えてしまったミライは変身できずに倒れ、ザムシャーは加勢に来たハンターナイトツルギ=ウルトラマンヒカリとともに戦うが、ザムシャーはフェニックスネストを庇って命を落とし、ヒカリはエネルギーが尽きて姿を消した。さらに、戦闘機 ガンクルセイダーMXで出撃したリュウ隊員も撃墜されてしまう。
「ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

メビウスとヒカリがエンペラ星人に挑む!

エンペラ星人に挑むも、圧倒されてしまうウルトラマンヒカリ  ©円谷プロ

2007年3月31日は、『ウルトラマンメビウス』第50話「最終三部作 III 心からの言葉」が放送された日です。死んだと思われた、リュウ。しかし、リュウはウルトラマンヒカリとして活動していた前隊長のセリザワ カズヤからメビウス、そして地球の事を託され、ウルトラマンヒカリと一体化した。

戦うヒカリを見たミライは、自身の体に限界がきていたにもかかわらず無理を押してウルトラマンメビウスに変身。ヒカリに加勢する。しかし、やはりエンペラ星人には敵わず、リュウの変身は解け、メビウスは消えてしまう。

もう打つ手はないのかと絶望するGUYSのメンバーたち。すると、ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンジャック、ウルトラマンAが「諦めるな!」と彼らにメッセージを送り、エンペラ星人によって太陽を侵食していた闇を払いはじめる。

そして、GUYSのメンバーたちも希望を取り戻すと、リュウの右腕にヒカリの変身アイテム・ナイトブレスが出現。ナイトブレスの奇跡の力でミライの声を聞いたリュウは、ともに戦ってきたGUYSの仲間テッペイ、ジョージ、マリナ、コノミ隊員たちと手を重ねると、光に包まれたミライも現れる。そして、ともに眩い光に包まれた6人は叫んだ。

「メビウース!!」
次のページへ「不死鳥の勇者」メビウスフェニックスブレイブが登場!
26 件