『ゆうれい回転ずし 本日オープン!』

作:佐川 芳枝 絵:やぎ たみこ

0 件
発売日 2012/08/31
価格 定価:1,540円(本体1,400円)
ISBN-13 9784061957367
判型 A5
ページ数 138ページ

一平さんは独立まぢかのすし職人。でも、おもいがけない事故にあい、天界へ。このたび、下界で回転ずし屋をやることになりました。ただお店をやるだけじゃなく、下界の人様のお役に立つという、かくれた使命もあるのです。手伝ってくれるのは、ゆうれいのおきくさん、かっぱのガタロウ、そして手長小僧のてっちゃん。さてさて、どこで店を開こうか?
おなじころ、白浜町に住む小学4年生の潮くんは、クラスメイトの友一たちにいじめられていました。潮くんの家は、お魚の仲買いという商売をやっています。最近亡くなったおじいちゃんの昭さんは、落ちこんでいる孫のことを、天界から心配して見ていました。
昭さんは、天界市場に仕入れにきた一平さんに、このことを打ち明けます。「こりゃあ、ほうっておけない」と思った一本気な一平さん、白浜町に店を構えることに決めました。
一平さんの回転ずし屋は、どんなおすしが出てくるのでしょう? どうやら、わくわくするしかけもたくさんありそうですよ。そしてかんじんの潮くんのなやみを、どうやって解決するのでしょうか? まずは、お手並み拝見、拝見――。
椋鳩十児童文学賞受賞の佐川芳枝が描く、おすしが食べたくなってホロリときちゃう、人情物語。

もくじより 1 おれがゆうれいになるまで 2 魚市場の三代目 3 いんけんな仕返し 4 開店準備OK 5 宙にうく皿 6 霊感少女アヤノ 7 ゆうれいなんていない? 8 ねぐらは古い観音堂 9 一平ずしの営業マン

書店在庫を見る

オンライン書店

関連シリーズ