『ぼくたち負け組クラブ』

著:アンドリュー・クレメンツ 訳:田中 奈津子

0 件
発売日 2017/12/01
価格 定価:本体1400円(税別)
ISBN-13 9784062832472
判型 四六
ページ数 258ページ

本が大好きで、空想の世界に浸ってばかりのアレックは6年生。読書クラブを作ろうと思い立ちますが、誰にも邪魔されずに本を読みたいため、ヘンな名前をつけます。「負け組クラブ」とすれば、みんな入りたくなくなると考えたのです。しかし、どんどん仲間が増えてきてしまい、アレックの心にも変化が起きはじめます。知っている書名もたくさん出てきて、仲間とのわくわくする物語を楽しめます。


エドガー賞、フェニックス賞受賞者で、『こちら「ランドリー新聞」編集部』等人気作品を書いたアンドリュークレメンツの最新作。
6年生のアレックは、本が大好き。空想の世界に浸っているので、同級生から「本の虫」とからかわれ、校長先生にも怒られる始末。
放課後プログラムでも、入りたいクラブがないアレック。読書クラブを作ろうと思い立ちますが、最低人員が2人と言われ、折り紙クラブで本を読んでいたニーナを誘います。誰にも邪魔されずに本を読みたいため、ヘンな名前をつけます。「負け組クラブ」とすれば、みんな入りたくなくなると考えたのです。
しかし、いろんな事件を通し、次々と人が入ってきてしまいます。仲間が増え、アレックの心にも変化が起きはじめます。知っている書名もたくさん出てきて、仲間とのわくわくする物語を楽しめます。

1 やめられない、止まらない 2 夏休みがなくなる! 3 放課後プログラム 4 規則 5 新しいクラブ 6 友だち探し 7 ほっとする本 8 スカンク 9 テーブル 10 名札 11 名誉 12 兄貴 13 計画 14 自問自答 15 二つの賭け 16 プリンセス戦士 17 待ちぶせ 18 おもしろくない! 19 ノンフィクション 20 ブランド名変更 21 ようこそ、オーストラリアへ 22 深みにはまる 23 一分後 24 スピッツとバック 25 展開する場面 26 決闘 27 誇り高いケント 28 保証つきの本 29 テーブルがふえる 30 ヨーダの兄貴 31 目まぐるしい日 32 一週間のペナルティー 33 三台めのテーブル 34 現実の生活 35 反乱 36 すごいアイデア 37 どんないい本より 38 ブックリスト

書店在庫を見る

オンライン書店