『きみとホームで待ち合わせ』

著・作:神戸 遥真 絵:浅見 なつ

0 件
発売日 2021/09/09
価格 定価:1,540円(本体1,400円)
ISBN-13 9784065235089
判型 四六
ページ数 226ページ

千葉県立作草部高校、最寄り駅は総武線・西千葉駅。
生徒たちはそこから県内のいろいろな場所へと帰っていく。作草部高校1年の教室で「深田さんのことが好きです」と書かれた匿名のラブレターが教室でひろわれたことから始まる、6人それぞれの恋の物語。

「1・2番線 西千葉クエスト」
 千里は朝の教室で、『深田さんのことが好きです』と書かれた紙を教室で拾った。
 送り主の名前はない。やって来た中村くんたちクラスの男子にも見られ、深田さんこと麻那本人は困惑気味。「いたずらでしょ」なんてその紙を回収した。
 中学時代にバレー部部長で人間関係で苦労した千里は、高校では帰宅部。二学期までは文化祭実行委員など学校行事に積極的に関わってきたが、三学期になって手持ち無沙汰になってしまった。
 そんな千里の家は学校から徒歩五分。高校入学と同時に西千葉に引っ越してきた。高校の近くでラッキー-だと思ったのは束の間、友人たちのように寄り道したりしたかったと思うように。同じクラスの守崎さんは彼氏ができ、麻那も匿名のラブレターをもらったりしているのに自分は浮いた話一つない。
 あるとき、文化祭実行委員で一緒だった二組の男子・白井くんも西千葉に住んでいることを知る。白井くんは西千葉が地元で、近所のお店や公園などを教えてくれた。
 こうして暇なときに教えてもらった場所へ行ってみるも、特別楽しいとは感じられなかった。それもそのはず、白井くんにとってそこは地元の友だちとの思い出がある場所だが、自分にとっては思い出も何もない場所でしかない。

もくじ

1.2番線 西千葉クエスト
3.4番線.走りたいあの子
5.6番線.私を知らない彼
7.8番線.続きのない小説
9.10番線.続きを作る小説








 

1.2番線 西千葉クエスト 3.4番線.走りたいあの子 5.6番線.私を知らない彼 7.8番線.続きのない小説 9.10番線.続きを作る小説

書店在庫を見る

オンライン書店