9歳以降の子どもの英語育児の進め方

単語がわかるレベルの本で楽しく学ぶ
イメージ写真:Paylessimages/イメージマート

――それよりも年齢が上の子に英語育児をしたい場合は、どうしたらいいでしょうか。

「もう、大人と一緒のやり方ですかね〜、きっと。

でも私、大人の英語の勉強に関しては正解がわからないんです。だって私自身がいまだに英語がわかりませんから……。

そんな私が、もし、もし英語に取り組むなら、多読します。大人は英語の基礎知識が入っていますよね。Iが何かとか、主語の次は動詞という文法の順番だとかが。中学レベルの最低限の英文法は誰もが身についていて、問題は単語を知らないことだと思うんですよね。だから、多読します。

もちろん絵本から始めます。ネイティブの幼稚園児が読むレベルのものから。たまにわからない単語が出てくるけれど、絵をみて、たぶんこんな感じのストーリーかな〜て想像できるレベルのものから、いっぱい読むと思います」

――わからない単語はそのつど、調べるんでしょうか。

「どうしても気になったらたまに調べてもいいけど、調べなくてもいいレベルの本を選ぶのがいいんじゃないでしょうか。楽しめるレベルの本をたくさん読むのが多読なんです。それに最近はネットでいくらでも読める、またはネイティブが読んでくれるサイトなどがあるから、うまく利用してくださいね」

――しかし、小学校高学年の子どもって、ほとんど親の話を聞いていないですよね。抵抗したり、拒否したり、幼児相手より働きかけが難しそうですね。

「それは、英語の取り組みの話じゃなくて、親子関係の話になりますよ。ただ、親御さんとしたらお子さんの将来のためにと思っているのに、受け入れてもらえないとイライラしちゃう気持ちもわかります。

そんなときは、自分が突然、アラビア語を勉強しなさいと言われていると想像してみて欲しいです。全然意味が分からないのに「読みなさい!」と頭ごなしに強制されたら、そりゃ嫌になっちゃいますよね。お子さんの気持ちに寄り添って一緒に取り組んであげて欲しいです」

英語育児成功の秘訣は…最終的には親子関係次第

「知り合いで同じように英語育児がうまくいった人たちも、私と同じようにみんな口をそろえていうのは、英語育児には親子関係がいちばん大事、ということです。

「英語がどうしたらできるようになるのか?」という質問の答えとして、それだけでは納得してもらえないと思うから、そうは答えませんが、本当にいちばん大事だと思うのは、いい親子関係です。ある程度の長期間、英語育児に取り組んだ方ならわかっていただけると思うんです。

だから、英語育児がうまくいっていない人には、親子関係を見直すことから始めてほしいな〜と思います。幼児から英語育児をはじめるとうまくいきやすいのは、親子関係の蜜月だからかもしれませんね」

――具体的に、いい親子関係がどう英語に結びつくのでしょうか。

「幼児から始める英語は生活そのものに関連しているので、親子関係が悪いとうまくいかないんじゃないかなぁと。英語はコミュニケーションツールですから。たくさん話しかけて、たくさん一緒に遊んで、たくさん笑って。英語育児は、その一部を英語にするってことなんですよ。

私は息子が幼児のころ、英語であっても日本語でもあっても本を読みだしたら、何をしていても放り出して、隣に座って聞いていたんです。息子が本を読んでいることが嬉しいし聞いていたいから。面倒くさいと少しでも思っていたら、きっと嫌がられただろうし、私も続かなかったと思います」

息子に「英語やりなさい」とは一度も言ったことがない

「英語や算数をやったから、とほめるのはNGです。

だって、やるだけでほめちゃうと、英語や算数は嫌なことみたいじゃないですか? 例えば、「算数やったらゲームしていいよ」なんていう会話はもう、算数を嫌なことにしてしまっている。そういう風には扱わないで欲しいです。

それに私は息子に、「英語やりなさい」とは一度も言ったことがないです。だって、幼児から英語に触れているから、英語は「やる」ものではなかったんです。

日本語と同じように、日々の生活に当たり前にあるもの。テレビ番組を、たまたま英語でみているだけ。息子はずっと英語でテレビをみていたし、英語の本ばかり読んでいました。私はもういい加減に英語のテレビ消してほしいな〜と思うぐらいでしたよ」

うまく見守ることができれば、きっと!

英語はコミュニケーションツールのひとつ。分かっているのに、英語育児に時間とお金と情熱をかけている保護者の方ほど、ついつい「英語やりなさい」と声がけしてしまったことがあるのではないでしょうか。私もタエさんの話にドキリッとしたうちの1人です。

しかし、この見守るスタンスを身につければ、英語だけでなく育児はうまくいく。そう確信が持てる、その後の息子さんの快進撃について次回はうかがいます。

次回は、算数編&東大合格まで。

タエさんの著書『お金・学歴・海外経験 3ナイ主婦が息子を小6で英検1級に合格させた話』

次回は、算数から東大合格についてくわしくおうかがいします。

おうち英語で「国産バイリンガル」&塾なしで「東大合格」の育児法 乳幼児編

特別すぎる? お金・学歴・海外経験なし主婦の育児法「東大合格」編!

27 件

寄稿家紹介

小和野 薫子 おわのかおるこ

1980年生まれ。読者モデルから、雑誌『ViVi』のファッションライターに。結婚後、メキシコ、ペルーに3年間暮らす。2人の子を持つ現在は、子育て記事を中心に執筆している。