2022.06.22

ブックマーク

びょういんにあらわれるおばけたち…怪談ブームの最前線「おばけずかん」

「おばけずかん」シリーズ なんでもドクター編

児童図書編集チーム

いつの時代も、「おばけ」の世界はこども心をくすぐります。絵本や童話、アニメなど、おばけが主役のお話は絶えることを知りません。そんなおばけの世界を、どの物語よりもユニークに描いた童話があります。その名も「おばけずかん」シリーズ。大人にはあまり知られていない童話ですが、図書館では借りられないほど子どもに人気。累計発行部数は130万部(2022年4月現在)を突破しています。

そんな「おばけずかん」が、この夏、実写映画化されることになりました! 主人公に抜擢されたのは4人の子役たち。「万引き家族」や「約束のネバーランド」にも出演されていた城桧吏(じょう かいり)さんは、一つ一つのシーンをどのように表現するか監督とていねいに話し合い、役作りに打ち込んだと言います。

柴崎楓雅(しばざきふうが)さん、サニーマックレンドンさん、吉村文香(よしむらあやか)さんも、過酷なキャスティングオーディションを勝ち抜いたメンバー。個性あふれる次世代の精鋭たちの姿を、ぜひ劇場でお楽しみください。「ゴーストブック おばけずかん」はこの夏、全国の映画館で上映予定です。

(「ゴーストブック おばけずかん」2022年7月22日(金)全国東宝系公開。【出演】城桧吏、柴崎楓雅、サニーマックレンドン、吉村文香、神木隆之介、新垣結衣。【監督・脚本・VFX・ストーリー原案・キャラクターデザイン】山崎貴「ALWAYS 三丁目の夕日」「DESTINY 鎌倉ものがたり」)

<関連記事>

びょういんにあらわれるおばけたち

お医者さん、看護師さん、患者さん……。びょういんにいる人たちが、おばけだったらびっくり仰天! もう、びょういんに行けなくなってしまうかもしれません。

でも、大丈夫! 大人気の「おばけずかん」シリーズの『びょういんのおばけずかん なんでもドクター』を読めば、おばけに出会ったときの対処法が書かれていますよ。

今回は『びょういんのおばけずかん なんでもドクター』に登場するおばけたちと、その対処法をすこしだけお教えします!

【なんでもドクター】
おいしゃさんには いろいろな どうぐが ひつようだが、なんでもドクターは ちがう。ゆびは ちゅうしゃき、めは レントゲン、みみは ちょうしんきに なり、なんにんもの かんじゃを ひとりで みる。
ちょっと きみが わるいのを がまんすれば だいじょうぶ。

【いちにのさんそ】
さんそボンベの おばけ。げんきの ない かんじゃさんの ところに あらわれて えいようまんてんの さんそを ふきつけて くれる。
げんきの ある かんじゃさんの ところには やって こない。けんこうだったら であわない。

【ナスナース】
むらさきいろの かおを した かんごしさんが よなかに あらわれ かんじゃさんの せわを して いく。すごく しずかに しごとを すすめるので、だれも めを さまさない。
ほかの かんごしさんが する ことが なくなるくらい きっちり せわを して くれる。

【うらないレントゲン】
ふつうの レントゲンと ちがって、うらないの けっかが でる レントゲン。
かえりには うらないが かかれた カードを もらえるし、わるい けっかは でないから だいじょうぶ。

【ひゃくねんかんじゃ】
おじいさんの すがたを した おばけ。百ねん たつ ふるい びょういんの 百ねん きねんびに あらわれて ベッドで ねむり はじめる。ほかの かんじゃさんが くると ベッドの したに もぐりこんで ねむり つづける。
とくに がいは ないまま 百ねん たったら たいいんする。その かわり、にひゃくねんかんじゃが にゅういんして くる。

【ひじょうかいだんのカグヤ】
ひじょうかいだんに わかい イケメンの おとこの かんじゃさんが いると びじょが あらわれ おつきさまと じぶんと どちらが きれいか きかれる。つきと こたえれば つれさられ、カグヤと こたえると たべられる。
あしたの よるまでに かんがえると いいのこして たちされば よい。わかくて イケメンでなければ そもそも であわない。

【ジェットストレッチャー】
めんかいじかん ぎりぎりに おみまいに いくと ストレッチャーが とまって いて、のらないかと さそわれる。のって しまうと びょういんから とびだして ゆくえふめいに。
のらなければ だいじょうぶ。

びょういんのおばけずかん なんでもドクター

びょういんのおばけずかん なんでもドクター

おばけずかん シリーズの情報いっぱい!特設ページ

児童図書編集チーム

講談社 児童図書編集チームです。 子ども向けの絵本、童話から書籍まで、幅広い年齢層、多岐にわたる内容で、「おもしろくてタメになる」書...

児童文学カテゴリーのランキング
人気記事・連載ランキング