誕生日のお祝いで選ばれるレストラン「レインフォレスト カフェ・トーキョー」に行ってきました!

子連れにおすすめのスポットを紹介する「おでかけレポート」。今回はジャングルの雰囲気の中で食事が楽しめるレストランをご紹介します。

げんき編集部

好評をいただいております、読者サポーターさんによる「おでかけレポート」。今回は、誕生日のお祝いをするレストランとしても人気の「レインフォレスト カフェ・トーキョー」をご紹介します!
「レインフォレスト カフェ・トーキョー」
★所在地 千葉県浦安市舞浜1‐4‐132 イクスピアリ2F シアター・フロント
★電話番号 050‐3134‐5668
★営業時間 11:00~22:30
★休館日 施設に準ずる
プレゼントを買いに行ったり、お友達をお家に呼んでパーティーしたり、おでかけしたり……誕生日のお祝いの仕方はいろいろありますが、レストランでのお祝いには盛り上がる要素がモリモリ!

イクスピアリ内にある「レインフォレスト カフェ・トーキョー」は、「子ども 誕生日 レストラン」で検索すると毎回上位に出てくる人気のレストランです。

まるでジャングル! 圧倒されるお店の雰囲気

大きなキノコが受付カウンターになっていて、階段を降りていくと、お店の雰囲気に圧倒されます。ジャングルをテーマにした広い店内は、熱帯雨林の中にゾウやゴリラが登場(息子は幼少期に、ゴリラにビビりまくった)。鳥の鳴き声や雷の音にあふれ、まるで東京ディズニーランドのジャングルクルーズの世界です。お店の中央には円柱型の水槽があり、本物の熱帯魚たちが泳いでいます。

食事は家族4人でシェア

水槽の真横の席に案内され、さっそくメニューを注文。キッズメニューは4品。キッズピザ(1529円)、キッズバーガー(1529円)、キッズパスタ(1089円)、スペシャルキッズプレート(1859円)。娘(小学3年)はキッズパスタをチョイス。一番安価! ナイス、娘!

本日の主役ではない息子(小学5年)が「コレ食べたい」と指差した「モジョボーン」(5489円)。う、すごい。でも、みんなでシェアして食べればいっか。ほかに、アメリカンペパロニピザ(2189円)とライス(319円)をあわせて注文しました。

キッズドリンクは550円。大人用のソフトドリンク(539円)ともにおかわり自由。途中内容を変えて注文できるのはうれしいですね。ちなみにキッズドリンクのカップは持ち帰れます。子どもが小さかったころは、家の麦茶などをしばらくこのカップで出すと機嫌良く飲んでいました。

子どもが店内を探検できる!

席につくと子どもはお店のマップがもらえる
料理が運ばれてくるまで、子どもたちは「行ってきていい?」と席を離れます。スタッフの方から子どもには店内マップが配られ、子どもが堂々と店内探検できるのです。落ち着きのない我が家の子どもには大助かり! 「ちょっと行ってくる」と3度ほど席を立ちました(「くれぐれもほかのお客さんに迷惑にならないように」と釘をさしました)。

まもなく娘のキッズパスタが運ばれてきました。メインキャラクターのカエルのチャチャが描かれた楽しいお皿の上には、トマトソースのショートパスタに、ポテトフライ、チーズトースト。華やかな盛り付けに娘の表情はキラキラ! 「ママにあげる」ともらったチーズトーストがおいしかった!

そして次に運ばれてきたモジョボーンの存在感! 骨つき肉に息子の目がギラギラ! 取り分けて食べさせながら、子どもの空腹満腹加減に目をこらします。なぜなら、食後にアイツがくるから……。
ドーン!とした存在感のモジョボーン。

ついにきた! ボルケーノでお祝い

スタッフさんから「そろそろよろしいでしょうか?」の声。「はい、お願いします」と答えると、店の奥から「ボルケーノー!」というスタッフさんの声とともに花火の付いたアイツが運ばれてきました。火山のようなデザート「ジャイアントチョコレートボルケーノ」(2409円)の登場です〔「ジャイアントチョコレートボルケーノ」または「ジャイアントストロベリーボルケーノ」(2189円)を注文すると、お誕生日のお祝いをしてくれます〕。

ジャングル中に響く美声で、「本日お誕生日のお客様がいらっしゃいます」と言われ、バースデーソングのプレゼント。歌が終わると、周囲の方からも拍手をいただきました。記念に撮影してもらった写真は、すぐにフレームに入れた状態でプレゼントしてもらえます。
かなりのボリューム! 「ジャイアントチョコレートボルケーノ」(2409円)
さて、写真も撮ったし、食べましょう! チョコレートケーキ3つに、バニラアイス、生クリームでできた火山。2〜3人前となっていますが、5人いてもいいくらいのボリューム。子どもたちは2、3口で「お腹いっぱい」。でしょうね! 私はソフトドリンクのおかわりをコーヒーにチェンジして濃厚なチョコレートケーキをゆっくり味わいました。が、大人たちの胃袋も限界をむかえたので、残念ですが食べ切れず、終了。

久しぶりの利用でしたが、サービスは変わらず。ただ、以前に比べ、お誕生日のお祝いに使われるファミリーが多く、今回我が家は休日の17時すぎに入店しましたが、10分、15分おきにあちこちで「ボルケーノ!」。スタッフさんもお祝いに大忙しのご様子でした。

お店の雰囲気や演出、料理の迫力に娘は「楽しかったー」とご満悦! 終盤私が用意したバルーンの花束を抱え、一人満足そうに微笑みながら店内を練り歩いていました……。
★おすすめポイント★
小さなお子さんの泣き声もちらほら聞こえましたが、ジャングルの演出にかき消されてまったく気になりませんでした。グズるお子さんにも、水槽の魚やゾウやゴリラなど、夢中になれる演出がたくさんあるので、子どもを抱っこして店内を移動するパパママもいました。それらも店内がそんなに明るくないので目立ちません。トイレも広く、おむつ替えベッドもあります。
(左から)記念写真のプレゼント。店内ゴリラは期間限定でクリスマスの装い。
「WEBげんき」ではひき続き、みなさんのおでかけレポートを募集中です。お子さんとのお出かけの思い出を、簡単な体験サポートとして書いてみませんか? 子連れにオススメのスポットをおしえてください♪

WEBげんきの記事として採用になった方には、弊社出版の絵本を1冊プレゼントいたします。

●応募方法
info-genki@kodansha.co.jpあてに、文章と写真をメールに添付してお送りください。
件名は【読者サポーターWEBげんき記事】としてください。
げんきへんしゅうぶ

げんき編集部

幼児雑誌「げんき」「NHKのおかあさんといっしょ」「いないいないばあっ!」と、幼児向けの絵本を刊行している講談社げんき編集部のサイトで...