2月16日 ウルトラマンコスモス カオスヘッダーに取り憑かれたネルドラントを救え!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 2月16日(2002年)

テレビマガジン編集部

ネルドラントがカオスヘッダーに取り憑かれる!

ドイガキ隊員が開発した薬を持って、ネルドラントのもとにやってきたムサシたち。しかし、そこに再びナガレが現れ、攻撃しようとする。必死にナガレを止めようとするムサシ。人と怪獣は一緒に生きていけると主張するムサシだったが、ナガレは怪獣をこの手で殺すと言い切るのだった。

すると、上空からカオスヘッダーが出現。ネルドラントはカオスネルドラントに変貌し、街に向かって歩きはじめてしまう。ヒウラキャップたちは、テックサンダーのレーザーネットでカオスネルドラントの動きを止めようとするが、攻撃を受けて墜落。ムサシは、地上から照明弾を撃ってなんとかカオスネルドラントの進路を変えようと奮闘する。しかし、カオスネルドラントの吐いた火球を受けてしまう。

ピンチのムサシ。すると、ナガレはムサシを逃がすために、カオスネルドラントの注意を引き、逆に攻撃を受けてしまう。互いにかばい合うムサシとナガレ。ふたりの「人や街を守りたい」という想いは、同じなのだ。

ムサシはナガレを安全な場所に退避させると、ウルトラマンコスモスに変身。ルナモードからコロナモード、そしてエクリプスモードにチェンジして、カオスネルドラントの戦闘力を奪う。最後はコズミューム光線でネルドラントからカオスヘッダーを分離させ、撃破したのだった。

カオスネルドラント

コスモスに本体と分離された  ©円谷プロ PHOTO/講談社
【ウルトラ怪獣事典】
カオスネルドラント

身長/68メートル
体重/8万3000トン

傷を癒やすため、生まれ故郷の山を目指していたネルドラントがカオスヘッダーに取り憑かれ、カオス怪獣化した姿。レーザーネットを問題にしないほどのパワーを持ち、口から高熱火炎を吐いて攻撃する。

登場エピソード:『ウルトラマンコスモス』第33話「怪獣狙撃手(ハンター)」(2002年2月16日放送)
脚本:梶 研吾、林 壮太郎/監督・特技監督:八木 毅

今回紹介したエピソードはウルトラサブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」で配信中。ウルトラマンシリーズが見放題になる動画配信サービスです。
TSUBURAYA IMAGINATION
『ウルトラマンデッカー最終章 旅立ちの彼方へ…』2023年2月23日(木・祝)よりTSUBURAYA IMAGINATIONにてオンライン独占配信開始!
https://m-78.jp/videoworks/ultraman-decker-final/

2月16日はムサシがナガレと対立した日

2月16日は、ネルドラントを保護しようとするチームEYESの前に、怪獣を駆除しようとするナガレが現れたエピソードの日。事件は解決し、再びトレジャーベースにやってきたナガレ。怪獣の殲滅を最優先するという考えは変わらないとしつつも、それまで全否定していた、チームEYESの存在は否定しないと告げたのでした。
※この記事は『ULTRAMAN ウルトラマン&怪獣手帳 2023』をもとに構成しています。
©円谷プロ

テレビマガジン ウルトラマンシリーズの最新刊

『テレビマガジンデラックス 決定版 ウルトラ怪獣大集合 パーフェクト超百科 増補改訂』定価:1980円(本体1800円)
ウルトラQからウルトラマントリガーまでの全怪獣・宇宙人、1495体を掲載!
23 件

テレビマガジン編集部

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンX(旧Twitter) @tele_maga  SNS:テレビマガジンLINE@ @tvmg  記事情報と付録の詳細は、YouTubeの『ボンボンアカデミー』で配信中。講談社発行の幼年・児童・少年・少女向け雑誌の中では、『なかよし』『たのしい幼稚園』『週刊少年マガジン』『別冊フレンド』に次いで歴史が長い雑誌です。

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンX(旧Twitter) @tele_maga  SNS:テレビマガジンLINE@ @tvmg  記事情報と付録の詳細は、YouTubeの『ボンボンアカデミー』で配信中。講談社発行の幼年・児童・少年・少女向け雑誌の中では、『なかよし』『たのしい幼稚園』『週刊少年マガジン』『別冊フレンド』に次いで歴史が長い雑誌です。