4月24日 ウルトラマンガイアVS森林を守る伝説の魔獣親子!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 4月24日(1999年)

テレビマガジン編集部

『ウルトラQ』『ウルトラマン』の放送が開始され、ウルトラ怪獣が登場した1966年以来、半世紀以上にわたって脈々と続くウルトラマンシリーズ。作品ごとに子どもたちは、現実とフィクションとを一体に感じ、日々、ウルトラヒーローや怪獣たちに夢中になっていた。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「4月24日」(1999年)。

シャザックと戦うウルトラマンガイア V2  ©円谷プロ PHOTO/講談社

“平成ウルトラマンシリーズ”第3作の『ウルトラマンガイア』は、天才的な知能を持った人間たちの科学者ネットワーク「アルケミー・スターズ」の一員、高山我夢(がむ)が地球の大地の光を手にしてウルトラマンガイアに変身。海の光を手にした藤宮博也=ウルトラマンアグルとともに、地球を破滅に導く根源的破滅招来体と戦う物語だ。

自然循環補助システム・エントの視察にカナダの森林にやって来た我夢とジョジー・リーランドは、森に暮らす怪獣・シャザックと、それを倒そうとするアルケミー・スターズのキャサリン・ライアンと出会う。キャサリンと同行する我夢は、ガイアに変身して戦おうとするが、シャザックには子どもがいた。
「ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

カナダで見えない怪獣に出会う

1999年4月24日は『ウルトラマンガイア』第33話「伝説との闘い」が放送された日です。森林伐採による二酸化炭素の増大を抑制するために作られた、自然循環補助システム・エント。その視察のためにXIGファイターEXでカナダの森林地帯にやってきた我夢とジョジーだったが、突如レーダーに謎の巨大生物の反応が示される。我夢たちは地上で調査を行うが、怪獣の姿は確認できなかった。

すると、ふたりは森に住む老人から、「森に入ればシャザックが怒る。早く立ち去れ」と警告を受ける。そこに対根源的破滅地球防衛連合G.U.A.R.D.アメリカのコマンドチームが到着。彼らは怪獣が出現したことによってエントの実験が中断してしまい、その事から森に入った「ある人」を探しているらしい。

すると、突然木が倒れはじめる。それは、姿が見えない怪獣によるものだった。我夢は自分が囮になって怪獣を誘導するが、崖から転落。ガイアへの変身アイテム・エスプレンダーに宿ったガイアとアグルの光に助けられて事なきを得るが、通信機のXIG‐NAVIを紛失し連絡が取れなくなってしまう。

森に出現した怪獣は、ネイティブカナディアンに古くから伝わるシャザックだった。シャザックは、森を荒らす人間を食い殺す魔物らしい。一方、我夢は森の中で、ひとりの女性と出会い、シャザックを倒す手伝いを持ちかけられる。
次のページへシャザックVSガイア!
23 件