2月17日 激闘2大ウルトラマン! ウルトラマンメビウス&A(エース)!!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 2月17日(2007年)

テレビマガジン編集部

ウルトラ兄弟の一員となるウルトラマンメビウスは、ウルトラマン80の他、昭和に放送されたウルトラマンたちと共演を果たしたことが多いヒーローだ。

今回取り上げるのは「2月17日」(2007年)。異次元のヤプール、月のルナチクスに対して、ウルトラマンA(エース)とメビウスが心を通わせながら立ちむかう。

月面のCREW GUYSを助けるために登場したウルトラマンA  ©円谷プロ PHOTO/講談社

2006年4月8日より放送が開始された『ウルトラマンメビウス』は、宇宙警備隊のルーキーであるウルトラマンメビウスが、ヒビノ ミライとして防衛チーム・CREW GUYS(クルー ガイズ)に入隊。地球を狙う怪獣や宇宙人と戦う。『ウルトラQ』から『ウルトラマン80』までの昭和に放送されたウルトラマンシリーズと、物語が直接的につながっているのも特徴だ。

第43話「脅威のメビウスキラー」で、ヤプールによって異次元に閉じ込められたミライたち。一方、怪獣や宇宙人を呼び寄せていた時空波の発信源を追ったフェニックスネストは、月面にある謎の石柱によって機能を停止してしまった。

ヤプールがヒルカワに命じてメビウスを倒そうとする!

2007年2月17日は『ウルトラマンメビウス』第44話「エースの願い」が放送された日。ヤプールによって異次元に飛ばされてしまったミライ、ジングウジ アヤ、そして悪徳ジャーナリストのヒルカワ ミツヒコ。砂漠で目を覚ました3人がしばらく歩くと、そこには荒廃した街があった。

廃墟となった街を見たヒルカワは、自分たちが気絶している間に怪獣や宇宙人が世界を滅ぼしたと思い、パニックを起こす。さらに、落ち着かせようとしたミライを殴りつけ、「GUYSがだらしないから地球が滅んだ」とミライに暴行をはじめてしまう。そこにヤプールが出現。助けを求めるヒルカワを襲う。

「僕は人間が好きだ。守ってみせる!」それでもヒルカワをかばおうとするミライに、ヤプールはヒルカワを解放。そしてヒルカワに光線銃を渡し、ミライを撃ったら助けてやると持ちかける。さすがに戸惑うヒルカワであったが、ミライを守ろうとするアヤの「人間のプライドを捨てて生き残るより(死んだ方が)マシ」という発言に苛立ち、発砲してしまう。

しかし、ミライはバリアを張って攻撃を防いだ。ヒルカワは光線銃を連射するが、弾切れになると、ヤプールに吹っ飛ばされる。ミライはヒルカワを気遣って近寄るが、ヒルカワはミライに「化け物!」と罵るのだった。

一方、月面の謎の石柱による干渉フィールドの影響で、フェニックスネストの機能が停止し、身動きが取れないGUYSのクルーたち。カザマ マリナは誰かからのテレパシーを受け、石柱にある干渉フィールドの放射ポイントの場所を知る。
次のページへヤプールが正体を現す! ルナチクスも出現。
23 件