『ライト兄弟 (新装版)』

文:富塚 清 絵:五十嵐 大介

0 件
発売日 2017/10/19
価格 定価:814円(本体740円)
ISBN-13 9784061499218
判型 新書
ページ数 218ページ

ウィルバー・ライト(兄)、オービル・ライト(弟)は1903年、世界ではじめて動力飛行に成功しました。まだ幼い頃、手作したそりが”とぶように”すべったこと、父からおもちゃのヘリコプターをもらったことから、空を飛ぶことを夢見るようになります。 図面を引くことなど、もの作りの基礎を教えたのは母でした。ふたりは新聞の発行、印刷機の開発、自転車屋の経営などのかたわら研究を重ね、ついに夢を実現させたのです。


 ウィルバー・ライト(兄)、オービル・ライト(弟)は、世界ではじめて動力つき飛行機で飛行することに成功しました。1903年のことです。1867年生まれの兄・ライト、1871年生まれの弟・オービル・ライトは、留守がちは牧師の父と、もの作りの資質に恵まれた母との間に生まれました。母は、何を作るのも、まず図面を引くこと、科学的に考えることを彼らに教え、もの作りの基礎を授けた人でした。
 多くの兄弟のなかでも仲よしだったふたりは、まだ幼い頃、そりを手作りするところからチームワークのよさを発揮します。そのそりが”とぶように”すべったこと、父からおもちゃのヘリコプターをもらったことから、空を飛ぶ夢は広がっていったのでした。
 ふたりは新聞の発行、印刷機の開発、自転車屋の経営などのかたわら研究を重ね、ついに世界はじめての動力飛行を成功させます。しかし、その技術は瞬く間に軍事に転用されていったのでした。

*巻末に人物伝つき
*小学上級から 
*すべての漢字にふりがなつき

はじめに 1 工作のすきな兄弟 2 自分の道は自分で開け 3 大空にかける夢 4 かがやく初飛行記録 ライト兄弟の年表 飛行機開発をめぐる勇者たち

書店在庫を見る

オンライン書店

既刊一覧

もっと見る

関連シリーズ

もっと見る