『もし、シェイクスピアがスター・ウォーズを書いたら ジェダイ、帰還せり』

訳:河合 祥一郎 作:イアン・ドースチャー 原作:ウィリアム・シェイクスピア 原作:ジョージ・ルーカス

0 件
発売日 2016/04/26
価格 定価:本体1500円(税別)
ISBN-13 9784062196444
判型 四六
ページ数 176ページ

スター・ウォーズ エピソード6『ジェダイの帰還』はシェイクスピア時代に上演していた!?名セリフをすべて古韻文で再現し、ジャバはベレー帽をかぶり、サラシャス・クラムが”道化”をつとめ、父の遺骨を燃やしながらルークは一人賛美の歌を贈る!?ニューヨークタイムズベストセラーが待望の日本語訳で登場!旧三部作、涙の結末! スター・ウォーズ エピソード6『ジェダイの帰還』はシェイクスピア時代に上演していた! 名セリフをすべて古韻文で再現し、ジャバはベレー帽をかぶり、サレイシャス・クラムが”道化”をつとめ、遺骨を燃やしながらルークは賛美の歌を亡き父に贈る!? ニューヨークタイムズベストセラーが待望の日本語訳で登場!旧三部作、涙の結末! 第一幕第一場 ベイダー卿:  説得はよせ、わが卑屈なジャジャーロッド。 冗長なモフは、いつもみじめな知恵を働かす。 汝の進捗では間に合わぬのは明白だ。 まったくやる気が欠けておる。そこで、 私が来て、計画を正そうというのだ。 第一幕第二場 レボ楽団:  ギャングだ、ヤッホー、ギャングだぜ。 ギャング稼業は楽しいな。 ブラスターをば腰につけ。 でっかい船でかっこつけ。 きれいな女に鎖つけ。 第二幕第二場 ヨーダ:  避けられぬ たとえフォースが 強くとも 黄昏が 来れば必ず 夜となる 第三幕第四場 ベイダー卿: ああ、私はなんて不埒な、情けないシスか このように心掻き乱されるとは、私のような 暗黒の邪悪な戦士にふさわしくない。 息子が叛乱軍兵士とは―気まぐれな運命め、 私にそれを見せるとは残酷ではないか! しかも、ただの叛乱軍ではない。そうだ、 気高く、勇敢で、本物の英雄だ。 まさに親そっくりの性格だ。 第五幕 第四場 R2-D2:  えんじましたるこの舞台 ピカイチの出来ならずともお許し頂きたい。 それほどお気に召さずとも、 ウケがイマイチ悪くとも、 どうか腹を立てられますな。 七転び八起きと言いますな。 はい、聞いてください、驚きの真実。 フシギな話が続くは確実。 オォーと驚き頂きましょう。 ウーンとうなってもらいましょう。 スター・ウォーズは終わらない。 のこった暗黒面は消え去らない。 かく言う僕のこれは妄想? くるしまぎれのはったり予想? せいぜい阿呆のご託宣と思われます。 いざ、これにて結びのご挨拶と致します。 ※シェイクスピアパロディの注釈付き

書店在庫を見る

オンライン書店

既刊一覧

関連シリーズ