『ウラナリは泣かない』

著:板橋 雅弘 絵:玉越 博幸

0 件
発売日 2006/10/12
価格 定価:1,045円(本体950円)
ISBN-13 9784062693721
判型 四六
ページ数 270ページ

ハンドボール部で頭角を現すにしたがって、チームで浮き上がるウラナリ。更にサクラとの恋路を邪魔する恋敵も何人も現れ、ピンチが続く。もう、「ウラナリ」なんて言わせない! 俺は男になる! 好きなサクラとだって、堂々とキスもする――。シリーズもいよいよ終盤、ハヤブサとサクラの仲も急進展していく!? 累計2000万部のラブコメ漫画「BOYS BE…」のゴールデン・コンビが描く、青春小説第4弾!


もう、『ウラナリ』なんて言わせない!俺は男になる――男のなかの男に!好きなサクラとだって、堂々とキスもする!
「ウラナリ」シリーズもいよいよ終盤。ハヤブサとサクラの仲も急進展!?

ハンドボール部で、頭角を現し、恋にも命を懸け、当然、競争相手も増えてきた。そんなモン、蹴散らせ、蹴散らせ!やっと、ハヤブサも男になった。全てに勝負を賭けろ!

0 そして、丘に立つふたり ─冒頭のラストシーン─ 1 夜に迷うヘンゼル 2 きみはまだ眠りのなか 3 ボールが飛んでいく 4 女子大生とウラナリ 5 バカのひとつ覚えを三個 6 サクラの策略 7 十肩 8 クールダウンは雨の匂い 9 六月蠅い 10 見習いたくない度胸 11 王様の耳に念仏 12 招かれざる客2号 13 マザコン、シスコン 14 絶滅寸前の「根性」 15 「オレは見た」 16 消去法の一夜 17 病院へのお姫様抱っこ 18 報告義務 19 成長痛? 20 あーあーあーあーあ、たまらない 21 ウラナリ、またも北へ 22 まさかのまさかとやっぱり 23 遠く夜空を隔てて花火は上がる 24 痛みを抱えて 25 より悪いニュース 26 渾身のシュート 27 泣きたくなるほど

書店在庫を見る

オンライン書店

関連シリーズ