『ウラナリ、さよなら』

著:板橋 雅弘 絵:玉越 博幸

0 件
発売日 2007/04/12
価格 定価:1,045円(本体950円)
ISBN-13 9784062693806
判型 四六
ページ数 278ページ

身も心もすぐそばにいるとようやく実感できるようになった2人。強がりなサクラが、ハヤブサに甘えてきたりと順調な関係だったが、サクラの身は残酷な運命が待ち受けていた。涙なしでは読めない感動のラストシーン! 累計2000万部のラブコメ漫画「BOYS BE…」のゴールデン・コンビが描く、青春小説最終章!


感動の最終巻!
ウラナリ、大好き、ありがとう。
そして、さよなら、ウラナリ。

身も心も、すぐそばにいるとやっと実感できる、と思えてきた2人。強がりなサクラが、ハヤブサに甘えてきた。しかし、2人には残酷な運命が、待ち受けていた。

0 最後にもう一度読んでほしい始まり 1 病院の女子高生 2 少女以上、少年以下 3 守護神不在 4 カカシの気迫 5 よくないニュース 6 一歩の差 7 どうしようもないこと 8 一週間の適応力 9 熱心な努力家の夢 10 パソコンの精 11 意地を張った背中、震える肩 12 危険でいっぱいの世界 13 人数の多い家族会議 14 「上」の居候 15 きっと、あったまる 16 歴史になるまえに 17 片道切符でないように 18 サンタクロース、神様、仏様 19 雪の八ケ岳、光のハワイ 20 16年目のバレンタイン 21 最初で、最後の 22 ビタースイート 23 八人目 24 ずっとずっと遠くの、この先 25 シーズンオフのプロポーズ 26 雪の上、ぼくはボートを漕ぐ 27 空の上、サクラはボートを漕ぐ 28 永遠のウラナリ

書店在庫を見る

オンライン書店

関連シリーズ