『クリスタル エッジ』

著:風野 潮

0 件
発売日 2009/12/11
価格 定価:1,045円(本体950円)
ISBN-13 9784062694292
判型 四六
ページ数 258ページ

元選手でコーチの父を持ち、幼い頃から恵まれた環境でずっとフィギュアスケートを続けていた輪。だから普通の人よりはずっとうまく滑れるってだけで、スケートが夢ってほどでもない。やめたいと思うこともあるけど、やめたら自分には何も残らないような気もして…。 友人や父との交流とともにスケーターとして成長を遂げていく、氷上のスポーツ青春ドラマ!羽生結弦のジュニア時代をモデルに書かれた男子スケート小説!


羽生結弦のジュニア時代をモデルに書かれた、スケートにかける少年達の揺れる心を描く
男子スケート小説。
桜沢輪は、父がコーチをやっている為、物心つく前からリンクの上にいた。でも最近、本当に自分がフィギュアスケートが好きなのか分からなくなってきて……。
「ぼくも時にはスケートが嫌になったり、やめたくなったりしますが、自分はスケートが好きなんだって思い出せば乗り越えられるんです。自分一人の力ではできないことはたくさんありますが、応援してくれる友達や兄弟家族がいるから、出来なかったことも出来るようになると思います。そんなことをあらためて気づかせてくれる本です」ソルトレイクシティオリンピック4位入賞、プロフィギュアスケーター兼コーチ、解説者の本田武史氏推薦!

一 最低のフリープログラム 二 おれは二十位、あいつは五位 三 もしかして初心者? 四 からっぽのタンス 五 いきなりドン・キホーテ 六 無愛想な同居人 七 久しぶりの再会は…… 八 取り返しのつかないこと 九 スケートなんか、やめてやる! 十 捨てたものと探しもの 十一 千夏の言葉 十二 不可能だけど、あきらめない 十三 全中で勝負! 十四 帰ってきたリンクでは 十五 幼い頃の思い出 十六 嬉しいデビュー 十七 全国中学校スケート大会、男子Aクラス決勝

書店在庫を見る

オンライン書店

関連シリーズ

おすすめ既刊

    もっと見る